発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の青年は大好きな動物の動画投稿でみんなを元気にする

time 2020/05/30

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の青年は大好きな動物の動画投稿でみんなを元気にする

米ニューヨーク州ピッツフォードに住む自閉症の男性が動物への愛をネットでシェアしています。
スペンサー・コールは自閉症スペクトラム障害をかかえています。
動物が大好き、膨大な動物の知識をもっています。
「動物についてのすべてのことを頭の中に覚えています!」
そうスペンサーは言います。
z7-1 自閉症の青年は大好きな動物の動画投稿でみんなを元気にする z6-1 自閉症の青年は大好きな動物の動画投稿でみんなを元気にする
新型コロナウィルス感染拡大のために自宅で過ごすスペンサーはSNSに「スペンサーが伝える今日の動物」という動画を投稿しています。
「コロナウィルスの流行で家に閉じこもっていても退屈にならないように、元気が出るように始めました」
スペンサーはセネカ動物公園の子ども向けプログラムのリーダーを務めています。
今は動物園は閉鎖していますが、動画を通じてスペンサーは動物への愛を多くの人と共有することにしたのです。
z4-2 自閉症の青年は大好きな動物の動画投稿でみんなを元気にする z1-2 自閉症の青年は大好きな動物の動画投稿でみんなを元気にする
セネカ動物公園協会のパメラ・リード・サンチェス会長はこう言います。
「スペンサーは動物に対するすばらしい情熱と知識をもっています。
私たちはスペンサーが大好きです」
z3-2 自閉症の青年は大好きな動物の動画投稿でみんなを元気にする z2-2 自閉症の青年は大好きな動物の動画投稿でみんなを元気にする
サンチェス会長は、スペンサーのような知識豊かなアンバサダーがいることに感謝していると言います。
「自発的にこのような取り組みが行われて、私たちはおどろきました。そして感動しました。
私たちもSNSでスペンサーの動画をシェアして広く知ってほしいと思いました。
スペンサーのFacebookでどんどんフォロワーが増えていることも知っています」
z5-1 自閉症の青年は大好きな動物の動画投稿でみんなを元気にする
スペンサーの期待は、投稿した動画が家に閉じこもっている人たちの退屈を減らすことだけではありません。
「動物を愛し、動物についての事実を知り、保護について考えてほしいと思います」
(出典・画像:米SPECTRUM NEWS
好きなこと、知っていること、知ってほしいこと、どんどんこうしてSNSに投稿すると良いと思います。
日本では子どもたちの学校ももう始まりますね。
うちの子も昨日は3ヶ月ぶりくらいに登校しました。喜んでいるようでした。
発達障害の子も成人も歓迎。動物とふれ合える国際認定リゾート

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。