発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子も成人も歓迎。動物とふれ合える国際認定リゾート

time 2019/05/18

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子も成人も歓迎。動物とふれ合える国際認定リゾート

ガビ・ウェストラは22歳。今はまるで少女のように楽しんでいます。
「ガビは4歳のときに発達障害と診断をされました。」
そう母親が言います。
米国では2018年に59人に一人が自閉症スペクトラム障害と診断をされています。
ガビの両親、ピアとビッキーは困難を克服できるようにガビを助けてきました。
また、娘のガビにいろいろな経験をさせることが、最高の人生を送ることにつながることを知っていました。
「18歳になって学校を卒業すると、よいことがありません。
人生につながる学びの機会が少なくなってしまうからです。」
i10 発達障害の子も成人も歓迎。動物とふれ合える国際認定リゾート i1-1 発達障害の子も成人も歓迎。動物とふれ合える国際認定リゾート
しかしガビのような人たちが自分にあわせて学べる場所があります。
何歳であってもかまいません。
ディスカバリー・コーブの動物担当の副社長、ケリー・フラハティ・クラークはこう言います。
「すべての従業員が特別支援を必要とする人たちに対応できるようにトレーニングを受けています。」
ここ、米フロリダ州にあるディスカバリー・コーブには冒険や楽しさがあります。そしてたくさんのイルカもいます。
米国で初めて、国際資格認定および継続教育基準委員会から自閉症センターとして認定された動物とふれ合える公園です。
ディスカバリー・コーブは発達障害の子ども、成人の人たちを受け入れ歓迎します。
ガビはイルカと出会ってから、すぐに仲良くなり一緒に泳ぐことまでしました。
特別支援が必要な人たちにイルカとの出会いを作るトレーナーは、発達障害の子どもたちが初めてアイコンタクトをできるようになったのも見ることができると、イルカの力を教えてくれます。
i7 発達障害の子も成人も歓迎。動物とふれ合える国際認定リゾート i8 発達障害の子も成人も歓迎。動物とふれ合える国際認定リゾート i4 発達障害の子も成人も歓迎。動物とふれ合える国際認定リゾート i6 発達障害の子も成人も歓迎。動物とふれ合える国際認定リゾート
ガビは今度は、うにをかかえて、美しい魚の群れが見える水中の世界に行きました。
ガビの母親のビッキーはこう言います。
「発達障害、自閉症スペクトラム障害と診断をされた人たちは、ときどき私たちが気づいていないことに敏感になることがあります。
照明、音、混雑、そして多すぎる活動などです。」
そのため、ディスカバリー・コーブには人混みから逃れ静かに落ち着ける場所も設けてあります。
そして、公園の真ん中には、感覚マップが設置されていて、公園のどこでどんな感覚を得られるかがわかるようにもなっています。
「ディスカバリー・コーブに来ると、発達障害の人と家族に向けた配慮が本当になされていると感じます。」
i2-1 発達障害の子も成人も歓迎。動物とふれ合える国際認定リゾート i3-1 発達障害の子も成人も歓迎。動物とふれ合える国際認定リゾート
(出典・画像:米wfla
学校環境が変化した4月から、うちの子は泣いてばかりいます。
うちの子もこんな機会があったら、泣くのを忘れて、笑顔を見せてくれるだろうと思います。
発達障害の子たちが落ち着き自由になれる小さな動物がいる農場

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。