発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子たちが落ち着き自由になれる小さな動物がいる農場

time 2019/02/11

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子たちが落ち着き自由になれる小さな動物がいる農場

小さな体の動物たちが発達障害の子どもたちにやすらぎを与えています。
オーストラリアにあるINKA休息農場には、豚、ひつじ、ヤギ、馬がいます。

発達障害の子どもたちはここに来て、動物たちの世話をします。
農場の管理者、ジム・ブロウニーは大きな動物は怖がってしまうが、ここの小さな動物たちを怖がることはないといいます。

発達障害の子たちが落ち着き自由になれる小さな動物がいる農場 f2-1 発達障害の子たちが落ち着き自由になれる小さな動物がいる農場 f3-1

「みんなここに来ると落ち着いています。
他の場所ではそうでなくても、ここに来ると変わります。

動物と触れ合うことで、自由を感じています。
そして、街の騒がしさがここにはありません。」

他の場所では厳しい状況になることがある発達障害の子どもも変わるといいます。

「パニックを起こしてしまいそうな場合に、動物のそばに連れてくると、すぐに落ち着くことが多くあります。
動物たちがすばらしい治療方法になっているんです。
子どもたちも、動物に餌をやったりすることが大好きで楽しんでいます。
いつも、子どもたちは動物はうまくやりとりをしています。」

農場の管理者のジムは、ここの運営のためにミニ豚を飼育して販売しています。
ここ数年、犬や猫のようにペットとして人気になっているのです。

「豚は賢くて、3歳の子ども程度の知能を持っています。
しつけるのも簡単なんです。
見知らぬ人には用心深いので最初は犬よりも少し大変ですが、それを乗り越えれば、早く学んでいきます。

とても楽しい動物です。水が大好きです。
海に連れて行くと、喜んで、犬と同じように遊びます。」

ミニ豚をペットとして飼うようになってから、ジムの家族たちはベーコンを食べることはなくなったそうです。

発達障害の子たちが落ち着き自由になれる小さな動物がいる農場 f1-1 発達障害の子たちが落ち着き自由になれる小さな動物がいる農場 f5

ここで宿泊する子どもたちの世話も行っている発達障害の20歳のトム・リーンはここが2つ目の自分の家だと語ります。

「街の外にあるここが大好きです。
ここに来るとリラックスできます。イライラすることが減ります。

日常の現実から、逃れられます。それはいいことだと思います。
動物の世話をするのが大好きです。」

(出典・画像:豪abc

動物が癒やしてくれるのは間違いありません。それは発達障害の子であればさらに。

動物と触れ合っている姿をみるだけで、こちらも癒やされます。

発達障害の人たちと虐待された動物たちがふれあい助けられる

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!