発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

道行く人を楽しませるバス停のダンサー

time 2016/09/19

この記事は約 2 分で読めます。

道行く人を楽しませるバス停のダンサー

バス停で踊るダンサーが、通行ドライバーたちを楽しませています。
トビー・ルノンはダンスが大好きです。
21歳で発達障害があります。
仕事場へ向かうバスを待っている間、トビーはステップを踏んで楽しみます。
その辺りの人々の人気者になっています。

「バス停を見ながら、誰もしていないようなダンスを踊る本当にクールな彼の写真を撮ることが大好きです。」

「子どもたちは、毎晩あなたに会えることを楽しみにしています。子どもが本当に喜んでいます。」

とSNSにも書き込まれています。

道行く人を楽しませるバス停のダンサー b1-1-1024x768 道行く人を楽しませるバス停のダンサー b2-1-1024x768

若いころからダンスをするようになって、踊りたくなったらどこでも踊るようになったとトビーは言います。

「数分間、電車に乗っていても踊りました。ディスコに行ったことはありません。街中が僕のディスコです。」

「バス停で踊るのは、仕事に行く日だけです。」

自由なダンスのスタイルはテレビで観たものと、彼がやりたいことが混ざったものです。

フロー・ライダーやエミネムの曲がお気に入りです。

(出典・画像:豪Leader

 

喜んで見ている人が多くてよかったです。

時と場所と体の大きさによっては怖いと思われることもあったりするので。

うちの子どもや知的障害のある子が踊っているのを見ると、本当に楽しそうです。

飾り気が全くない、喜びがそのまま伝わってきます。

それを見ると、うれしくなってしまって、よく一緒に踊ってしまいます。

 

こちらの子どもたちも踊って喜びを表現します。

発達障害の子どもたちに「お面」

(チャーリー)

 

 

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ