発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の私から、世界を自閉症の人が過ごしやすくするための提案

time 2020/12/03

この記事は約 5 分で読めます。

自閉症の私から、世界を自閉症の人が過ごしやすくするための提案

世界は私にとって信じられないほど圧倒的で混乱した場所です。
いつも一生懸命に対応しようとしていますが、いまだにもがいています。

私が発達障害の自閉症であることを知ったのは、高校を卒業してからでした。
診断されて、私の人生のすべてがようやく意味をなすようになりました。

私の困難の多くは、私に問題があるのではなく、世界が自閉症の人たちのために作られたものではないからだと感じています。

私の人生を振り返ってみると、他の人が私の違いを尊重し、理解し、適応してくれたことが、私を最も助けてくれたことです。

オーストラリアでは、約100人に一人が自閉症です。

w4 自閉症の私から、世界を自閉症の人が過ごしやすくするための提案

私は、自閉症が何であるかを他の人に伝えるキャンペーンをたくさん見てきました。

しかし、自閉症の人にとって世界をより友好的な場所にするためにみんなができることについての情報はほとんどありませんでした。

私はすべての自閉症の人たちの代表にはなりえませんが、私は私のために有用であるだろう、私自身のアイデアを共有することができます。

多くの自閉症の人たちは、感覚的な違いがあります。
感覚的な情報を処理するのに苦労しています。
ある人にとっては何でもないことが、自閉症の人にとっては苦痛になることもあります。

ある人は特定のものに過敏になるかもしれないし、他の人はそうでないかもしれません。
例えば、音は信じられないほど圧倒的で、辛い食べ物は痛いと感じます。

多くの自閉症の人は、誰かが話しているときに、時計が動いているなどの他の音があると聞き取るのに苦労します。

一度に多くの情報を取り込まなければならないのは、信じられないほど疲れ、圧倒されます。
うるさいカフェに数時間いるだけで、数時間の休みが必要になってしまいます。

自閉症の人を助けるためにできることには、以下のようなものがあります。

1.頼まれた場合には音楽や照明を下げ、頼まれたことを批判しない

2.店内や誰かと話している時など、失礼と思われるような場面でも、ヘッドフォンやサングラスの着用を許可してください

3.極端に辛いものを食べさせようとしたり、圧倒的だと感じるものを触らせたりするなど、嫌がることを強要しないでください

4.イベントでは、照明を落として静かな場所を確保し、人が圧倒されたときの逃げ場を確保してください

5.洗浄剤や手指消毒剤は、できるだけ香りの少ないものがよいです

6.握手やハグなどの身体的な接触をする前には許可を得てください

w2 自閉症の私から、世界を自閉症の人が過ごしやすくするための提案

自閉症の人は、コミュニケーションの仕方が違うかもしれません。
声の調子が一定で変わらない人もいれば、映画のセリフなどの言葉を繰り返す人もいます。
全く話せない人もいます。

自閉症の人のコミュニケーションの仕方は間違っているわけではありません。
他の人とは違うだけです。

私は、誰かと話すたびに自分が演じているように思います。
台本から外れたり、即興で話したりする方法がわかりません。

アイコンタクトのような社会的スキルは、私は自然には身につきません。
そのために身につけようとすると、かなりのエネルギーを必要とします。
そして、どのようにすればいいのかわからないこともまだあります。

自閉症の人を助ける方法としては、以下のようなものがあります。

1.アイコンタクトを強制しないでください。

2.話している間、何かをいじったり、動き回ったりすることを許してください

3.電話、対面、チャット、ビデオ通話のどれがベストかを尋ねたり、どのようにコミュニケーションを取るのがベストなのか尋ねてください。

3.指示は明確で正確にお願いします

3.何かをお願いしたら時間をください、質問をしたら考える時間をください

4.相手が筆談や通信機器など、他の方法でコミュニケーションをとる場合は、それにあわせてください

5.理解してないと思ったら、例などをつかって説明してください

6.予定に変更がある場合には、できるだけ早く知らせてください

7.理解していないと思ったら、期待していることを説明してください

8.ぶっきらぼうな言い方や抑揚のない話し方など、あなたとは異なる話し方であっても尊重してください

w1 自閉症の私から、世界を自閉症の人が過ごしやすくするための提案

自閉症の人たちは個性的で、男の子で天才だという固定観念に縛られないでください。
私たちは多様です。

見ただけでは人の能力を推測できません。
私は言葉を話すことはできますが、日常生活の本当に基本的なことにまだ苦労しています。

自閉症について興味をもったなら、知る方法はたくさんあります。

自閉症の人から学べます。
自閉症の人が運営しているブログやソーシャルメディアのアカウントがたくさんあり、彼らの経験や世界観を共有しています。

見た目や話し方だけでその人の能力を決めつけないでください。
不思議に思ったり、混乱したりしたら、その人に聞いてみましょう。

自閉症の人があなたの周りでより快適に感じるのを助けるためには、専門家にまでなる必要はありません。

実際、私は専門家でなくても、話を聞いて学ぼうとしてくれる意欲のある人が一番助けてくれると感じています。

w3 自閉症の私から、世界を自閉症の人が過ごしやすくするための提案

すぐにこれらすべてのことを始める必要はありませんが、少しの小さなことでも助けになります。
問題を解決するまでにはならなくても、自閉症の人の生活を少し簡単にできるかもしれません。

そして、これらの提案の多くは、自閉症の人に役立つだけでなく、みんなに役立つはずです。
相手の言うことに耳を傾け、相手のニーズを尊重してください。

少しの敬意が、自閉症の人にとって世界をより快適な場所にする一歩となります。

(出典:豪abc)(画像:Pixabay

自閉症の人に限った話ではありません。

相手を尊重し、敬意を払った行動は、みんなにとって過ごしやすい世界をつくっていきます。

P&Gは多様な思考、発達障害の人を雇用しイノベーション促進

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「珍獣扱いされてるぞ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。