発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の男性とその友人たちで、ミシンの仕事を始め夢中になる

time 2020/12/05

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の男性とその友人たちで、ミシンの仕事を始め夢中になる

このパンデミックの間、多くの人が新しい趣味やするべきことを探し始めています。

ある男性とその友人は、その新しい趣味がビジネスにまでなりました。

フアン・ガルシアは裁縫に新しい情熱を注いでいます。
22歳のフアンとその友人たちは発達障害の自閉症をかかえています。

s6jpg 自閉症の男性とその友人たちで、ミシンの仕事を始め夢中になる s1 自閉症の男性とその友人たちで、ミシンの仕事を始め夢中になる s7 自閉症の男性とその友人たちで、ミシンの仕事を始め夢中になる

パンデミックの中を過ごす、フアンたちは、エプロンなど縫い物を作る小さなビジネスを始めました。

彼らを世話するジェニファー・トレイシーはこう言います。

「フアンたちの家族から、私が希望を与えてくれていると感謝されました」

トレイシーは、フアンたちのビジネス「Zuggyetc.com」の立ち上げを手伝ってきました。

「フアンたちが、こんなに気に入ってくれるとは思っていませんでした」

s2 自閉症の男性とその友人たちで、ミシンの仕事を始め夢中になる s4 自閉症の男性とその友人たちで、ミシンの仕事を始め夢中になる s5 自閉症の男性とその友人たちで、ミシンの仕事を始め夢中になる

このビジネスはフアンたちの雇用の機会となっているだけでなく、特別支援を必要とする人たちを結び、社会性とコミュニケーション能力の向上にもつながっています。

トレイシーは自問したといいます。

「どうして、自閉症の人たちは仕事をする機会がないのか?
どうして、他の人たちと同じように過ごしてはいけないのか?」

フアンたちから、エプロンを購入した顧客の一人は涙を流して喜んでいたといいます。

自分の作品を購入し、喜んでいる人がいることを知ってフアンはこう答えます。

「幸せ」

s11 自閉症の男性とその友人たちで、ミシンの仕事を始め夢中になる

(出典・画像:米abc7

新たなことに取り組み始めて、夢中になって、収入につながっていく。

本当にすばらしいことです。

どんどん素晴らしい作品を提供されていってください。

自閉症スペクトラム障害の少年は大好きなことを追求して輝く

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「寝てくれ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。