発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子を助けるスマートウォッチ。目立たないのが良い

time 2021/03/10

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の子を助けるスマートウォッチ。目立たないのが良い

日常的に利用されている人気のテクノロジーが、自閉症の子どもたちにとって、大きな助けとなることが証明されれつつあります。

米ノースイースタン大学とボストン小児病院の研究者たちが、自閉症の子どもたちの学習と交流を助ける、スマートウォッチの可能性について研究しているからです。

ノースイースタン大学のラルフ・シュロッサー教授は、スマートウォッチが日常のあらゆる種類の活動を通じ、子どもたちを助けるのにどう役立つかを研究しています。

w5 自閉症の子を助けるスマートウォッチ。目立たないのが良い w6 自閉症の子を助けるスマートウォッチ。目立たないのが良い w7 自閉症の子を助けるスマートウォッチ。目立たないのが良い

「一番役に立つのは、自閉症の子どもへテキストメッセージで合図することかもしれません。
その可能性に私たちは興奮しています」

シュロッサー教授は、自閉症の子どもたちはテクノロジーを好む傾向があると言います。

「私たちの研究でも、医療現場でも、子どもたちはスマートウォッチを使うことで非常に良い結果を出しています。
自閉症の子どもたちの多くが、視覚的なものや電子的なスクリーンメディアが好きなのです」

このプロジェクトには、博士課程の学生であり、訓練を受けた言語病理学者でもあるアマンダ・オブライエンも参加しています。
彼女によれば、スマートウォッチを利用することは、家庭でも役に立ちそうです。

w1 自閉症の子を助けるスマートウォッチ。目立たないのが良い

「時間ベースのリマインダーを使用することが考えられます。
特定の時間になると、学校に行く準備をする時間だというリマインダーを時計に表示させるのです」

シュロッサー教授によると、スマートウォッチを使用するメリットはそれによって、子どもが目立つことがないことです。

w8 自閉症の子を助けるスマートウォッチ。目立たないのが良い

「日常的に利用されているテクノロジーであるため、子どもを特別に見えるようにすることがありません。
他の人にわからない、目立たない。
むしろ、スマートウォッチをつけることはかっこいいいでしょう」

現在は研究でApple Watchを利用していますが、もっと安いスマートウォッチもでも可能になると教授たちは考えています。

(出典・画像:米BOSTON 25 NEWS

目立たない。

実際に役に立つにためにはこれは見逃せない点だと思います。

そして特別な装置ではなく、日常的な機器を使うことは価格面でも使いやすくなります。

発達障害の人を助ける会話の空気を読むAI装置

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「朝食とねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。