発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害は障害というより、私にはむしろ大きなメリットだった

time 2021/05/05

この記事は約 4 分で読めます。

発達障害は障害というより、私にはむしろ大きなメリットだった

オーストラリアのボートの漕ぎ手であるクリス・モーガンにとって、自閉症がオリンピックの夢を邪魔することはありませんでした。

2008年の北京大会に出場し、2012年のロンドン大会では銅メダルを獲得し、2016年のリオ大会にもオーストラリア代表として出場しました。

「もし、私が自閉症でなかったら、今のような成果は得られなかったでしょう」

そう、モーガンは言います。

「私の考え方や物事への取り組み方は、基本的に私の成功要因となりました。
自閉症が私を成功に導いたのです」

b6 発達障害は障害というより、私にはむしろ大きなメリットだった b4 発達障害は障害というより、私にはむしろ大きなメリットだった

モーガンは2度も世界チャンピオンに輝いています。
モーガンは、細部へのこだわりと向上心の強さが、自分を世界のトップレベルにしたと考えています。

「視覚に優れ、細部に超集中できることは、改善すべき点を見つけるためには本当に役立ちます」

モーガンは、自分がボート仲間とは違うことを常に意識しており、しばしば仲間はずれにされたり、排除されたりしていました。

「私の話し方は誤解されることが多く、私の話し方や改善しようとする執着心は、多くの人の反感を買いました。

集団行動では、私の異なるスタイルの交流により、日常の活動に快適に参加することができず、頑固で傲慢だと思われてしまうこともありました」

しかし、モーガンが28歳のときに高機能自閉症と診断されると、状況は改善されていきました。
「診断結果を皆で共有してもらう」というプロセスを経ることで、理解されるようになりました。

「そのおかげで、私たちはより思慮深く、包括的になることができました。
私は自分の神経多様性を、障害というよりはむしろ贈り物だと考えています。
これにはコストがかかりますが、大きなメリットもあります」

b1 発達障害は障害というより、私にはむしろ大きなメリットだった

自閉症スペクトラムは発達障害の一種であり、自閉症と診断された人の多くは、生涯を通じて社会的、コミュニケーション的、行動的な問題を経験します。
自閉症の人の多くは、チームの環境に溶け込むことができず、人ごみの中で対処したり、日常生活の中で混乱に直面したり、人の目を気にしたりすることが苦手です。

しかし、これらの障害が、モーガンをオリンピックでの成功への道へと導きました。

「若い頃は本当にたくさんの困難に直面しました。
日々の困難を乗り越え、小さな勝利を得るための対処法を見つけなければなりませんでした。
それが私の倫理観を確立し、成功につながったのです」

38歳の彼は現在、オーストラリア人の150人に1人がかかえている、この自閉症についての認識を高めるために活動しています。

「自分を理解してくれない、自分に合わせてくれない環境に置かれたことは、かなりのトラウマになるでしょう。
自閉症の私たちは、自分や他人が自分自身に貼るレッテルを乗り越えなければなりません。

自分に制限をかけるのではなく、自分の情熱を追求し、物事にイエスと言うことができれば、人生にはさまざまな道が開けます」

b3 発達障害は障害というより、私にはむしろ大きなメリットだった

モーガンはシドニーの専門学校を訪問し、自分の体験談を語り、人々を励ましています。

「神経多様性イコール障害ではありません。
強みにもなることを示すために、自分が他の人の手本になれることを誇りに思っています。
これは自閉症の人たちに、とてもパワフルで大きな解放感をもたらします」

クリス・モーガンは、神経多様性を持つ人たちは、チームスポーツや個人スポーツから排除されるのではなく、奨励されるべきだと考えています。

「スポーツは成長の機会です。
ネガティブな結果だけに目を向けるのではなく、スキルを練習したり、時にはサポートを受けられない世界で対処するための新しい方法を学ぶチャンスでもあります」

モーガンは、自閉症にまつわる誤解を解きたいと考えています。

「すべての子どもたちがスポーツに参加できるようにすべきですが、そのためにはサポートが必要です。
そして、子どもたちがその環境で快適に過ごせるようにしなければなりません。

私はすべての子どもたちに、成功するためにあれやこれやをする必要はないと言っています。
毎日を楽しんで、人生の行く末を見守ってあげてください」

クレア・チェリントン副校長は、モーガンが学校を訪問した際は、生徒たちの顔が輝いていたと言います。

「生徒たちは、逆境を乗り越えること、努力すること、自分を信じることの大切さを伝えるメッセージをとても気に入っていました」

b2 発達障害は障害というより、私にはむしろ大きなメリットだった

また、ローイングマシンの使い方を教えてもらったり、オリンピックメダルを身につけたりしたことも盛り上がったといいます。
オーストラリアのオリンピック委員会は、モーガンさんの活動を支持しています。

マット・キャロル最高責任者はこう言います。

「スポーツの力には限界がありません。
私たちの心を開き、自閉症スペクトラムの人々を含む他の人々について学ぶ手助けをする役割を果たしています」

ボート競技を引退し、父親であり、エンジニアリングマネージャーでもあるモーガンにとって、メダルの数やタイム、記録が成功ではありません。

「私にとっての成功は、レースの結果ではありません。
レースで自分の可能性を引き出し、自分が100パーセントの力を発揮できた経験です」

(出典・画像:豪abc

誰にとっても、勇気づけられる存在です。

そして、

「自分に制限をかけずに、自分の情熱を追求する」

ことが良い結果をもたらすことには全く同意です。

自閉症の少年は自分にあったスポーツを見つけることができた

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「一緒にやろうよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。