発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自分を責めた夫は今、自閉症の息子の安住の地となる父になった

time 2021/06/09

この記事は約 4 分で読めます。

自分を責めた夫は今、自閉症の息子の安住の地となる父になった

もうすぐ父の日です。
私はすべての父親の努力に感謝したいと思います。
自閉症の息子のために私の夫が果たしているさまざまな役割をご紹介します。

夫は父親になることを望んでいました。
子どもに恵まれたとき、私が妊娠中ほとんど安静にしていたこともあり、マタニティウェアやベビー服の買い出しなど、出産の準備に全力を尽くしてくれました。

息子が生まれると、彼は熱心に勉強し、赤ちゃんの世話を手伝ってくれました。
ウンチのついたオムツを替えたり、服やリネンを洗ったり、赤ちゃんを寝かしつけたり、使い終わったほ乳瓶を洗ったり、私がおっぱいを出してミルクを出すのを手伝ったり、赤ちゃんをお風呂に入れたりと、いろいろなことをしてくれました。
夫はとても熱心な父親でした。

息子が診断されたとき、夫は感情的になり、
「息子が自閉症になったのは自分の遺伝子のせいに違いない」と自分や自分の遺伝子を責めたりもしました。

f4 自分を責めた夫は今、自閉症の息子の安住の地となる父になった

私たちは感情的な葛藤を乗り越えました。
そして、それは息子のより良い未来のために働く夫にプラスの影響を与えました。

夫は、自閉症について学び、息子とどう向き合えばいいのかを理解してくれました。
夫は、医師や専門家のアドバイスに耳を傾けました。
息子の活動にも積極的に参加しました。
仕事を休んで療育や講演会に参加することもありました。
また、講義やセミナーを欠席したときには、時間をとって私から話を聞いてくれました。
これらはすべて、息子が社会の常識に適応できるようにとの思いからでした。

私は、夫が「息子の人生に関わる父親になりたい」と話していたのを覚えています。
息子が自分と非常に親密な関係を築き、夢や秘密、心配事などを親密に話し、一緒に人生を歩んでいってほしいというのです。

母親としての仕事と父親としての仕事を比較することはできません。
また、夫はすべてを大きな視点で見ていることにも気づきました。
こうして、私も自分なりの主張をするようになりました。

夫は、家族や職場で自閉症を擁護するようになりました。
夫は家族に息子の自閉症について説明し、なぜ私が息子に集中しなければならないのか、ベビーシッターや個別指導センターに任せることができないのかを説明しました。

夫は同僚にも自閉症についてできる限りの説明をしました。
息子を哀れむのではなく、理解してほしいと。
息子への接し方や、自閉症の人に出会ったときの対処法も教えていました。

f3-1 自分を責めた夫は今、自閉症の息子の安住の地となる父になった

夫が仕事場に息子を連れていくと、同僚たちは全力で息子に接してくれました。
彼らは忍耐強く、理解を示し、その子について質問をしてきました。
そして、自閉症だと思われる人を知っているという経験談を話し、夫に相談してくる人もいました。

なぜそこまでするのかと夫に尋ねました。

「息子のために安全で安心できるコミュニティを作りたいから」

そう、夫は答えました。
そのためには、周りの人たちが自閉症を理解し、自閉症の人との付き合い方を教えることが一番の近道だと思います。
その人たちは、今度は周りの人たちを教育し、教えるようになります。
こうして、広がっていくはずです。

家族を養う立場にある夫は、すべてを捧げて私たちを支えようとします。
経済的な提供者である以上に、夫は安全な場所を提供してくれます。

夫はときどき、スーパーマンにはなれないけれど、ぽっちゃりした体格を活かして「スーパーぽっちゃり」になると冗談を言います。

私たちに危害が及ばないようにするのはもちろんですが、息子にとっても「安全な場所」でありたいと思っています。
とくに、息子が感情を爆発させてパニックを起こしているときには、「安全な場所」になろうとしています。
息子が感情にオープンに対応し、自分と親密になることを望んでいるのです。

息子は、特に私が息子を叱るときに、夫に逃げることを覚えました。
息子は父親のところに行って腕の中で泣いたり、私に言い寄ったりもしました。

父親にいたずらをしたり、レスリングをしたりしていました。
父親には何でもできることを知っていて、抱きしめたりキスをしたりして父親で怒りを鎮めるのです。

f1-1 自分を責めた夫は今、自閉症の息子の安住の地となる父になった

二人はとても仲が良く、息子はよく父親と一緒に寝たり、抱き合ったりしたがります。
眠っているときも、息子は父親の温もりを求めて抱きついてきます。

息子は無意識のうちに、父親の腕の中にいれば安全だということを知っているのです。
夫は息子の安住の地となることに成功しました。

夫はよく私に「自分には不完全なところや限界がたくさんあった」と言います。
しかし、息子が誇りに思えるような父親になりたいと思って、常にベストを尽くしています。

多くの方たちに、さまざまな能力を持った子どもたちへの思いやりと理解を深めていただきたいと願っています。

(出典:フィリピンPanay News)(画像:Pixabay

素晴らしい旦那さん、そして奥さんです。

そんなふうに思ってくれている奥さんに感動しました。

父親の手作り機関車トーマスが自閉症の息子や仲間の生活を応援

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「並べるねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。