発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

障害のある方への差別や偏見の一因となる「疾病回避モデル」

time 2024/01/20

この記事は約 4 分で読めます。

障害のある方への差別や偏見の一因となる「疾病回避モデル」

あなたが仕事の面接を受けていると想像してください。

緊張していて、他の面接者と比べてどうなるかわからないけれど、自分がその資格を持っていることは分かっています。
面接中、面接官があなたの話を遮り、短い「はいかいいえ」の質問をして、10分も経たないうちに面接を終えさせることに気づきます。
そして、「私の障害のせいかな?」と疑問に思い始めます。

これは、障害を持つコミュニティの一部のメンバーが経験したことです。
障害を持つ人たちはさまざまな偏見や差別に直面していますが、これらの行動の中には特に「疾病回避モデル」に起因するものがあります。

疾病回避モデルは、病気の人との間の感染の脅威から身を守るために進化した心理的プロセスです。
このモデルは、実際には問題がないのに問題があると考える「偽陽性」に偏って進化したと考えられています。

blank

たとえば、初期の人類は、健康な人を病気だと判断することが、病気の人を健康だと判断することよりもありました。
これは、誤って誰かを病気だと判断することが、誤って健康だと判断することよりも生存にとってはるかに良いからです。
こうして、病気の拡散を制御するために、偽陽性に対するバイアスをもつようになったのです。

しかし、現在では、これらの適応はほとんど不要です。
障害と疾病との間違った結びつきの原因となっているからです。
障害を持つ人たちが、「病気をうつされる恐れ」から偏見を持たれ、避けられる可能性につながっています。
たとえば、障害のない人たちは、障害を持つ人たちとの接触を短くしたり、完全に避けたりしようとするようなことです。

疾病回避モデルは、意識せずに迅速な反応を示す自動思考です。
これは、意識的な注意を必要とする、より遅いプロセスであるコントロール思考の対照となるものです。

blank

自動思考とコントロール思考、これら二つの思考のタイプは、それぞれ暗黙の偏見と明示的な偏見に対応しています。

迅速な行動が必要な状況で私たちを脅威から守るために機能する自動思考は、他の動物と共有される進化の古い脳の部分で起源を持ちます。
自動思考は、障害と感染症はまったく異なるものであるにもかかわらず、区別できません。

自動思考が生存の目的を果たさない場合、それは私たちが他者との意味ある繋がりを持つことを制限するかもしれません。
この場合は、障害を持つ人たちとです。
暗黙の偏見は、私たちの意識の外で起こるため、変更するのが難しいのです。

障害の拡散、暗黙の偏見の一例として、障害が実際よりも多くの領域に影響を及ぼしているという可能性があります。

たとえば、顔に特徴のある人たちが、見た目のせいで知的障害があると誤解されることがあります。
疾病回避モデルと関連して、顔に傷がある人は、危険であるという信念のために避けられるかもしれません。

blank

偽陰性(実際には問題があるのに問題がないと考える)よりも偽陽性(実際には問題がないのに問題があると考える)の方が危険が少ないからです。

障害の拡散に関する最も驚くべき例の一つとして、オスカー受賞の女優、マーリー・マットリンの経験が挙げられます。
ある時、飛行機の中で、聴覚障害をもつ彼女が隣の席の人と手話で話しているのを見た客室乗務員が、積極的に行動しようとして、彼女に点字のメニューを持ってきました。
これにマットリンは困惑して、こう思いました。

「私は聴覚障害がありますが、視覚障害はありません」

現実は変わり、もはや真実でなくなっても、ステレオタイプは残り続けます。

blank

しかし、疾病回避モデルが進化の適応から来ていることを知れば、自分の偏見を正当化することや、それらを変えることに絶望感を覚えることは容易です。
これらの偏見が根深いものであっても、それらが変えられない、または変えるべきでないという意味ではありません。

たとえば、私たちの現代文明では、初期の人類にとって適応的だった多くの行動を変えてきました。
それには、配管の使用や食品の調理などが含まれます。
これらの革新は、私たちをより安全に保つことで、現代社会に利益をもたらしています。
私たちはこれらのことを生まれながらにしているわけではありませんが、社会として、これらを価値あるものとして決定しました。
同様に、私たちは障害を持つ人たちを安全かつ公平に受け入れる現代文明を持つことができます。

blank

暗黙の偏見は、コントロール思考で克服できるのです。
障害を持つ人と交流する次の機会には、その後に自分の行動を見直し、偏見があったかどうかを確認してみてください。
次に、意識的に行動を変えることでその偏見を修正できます。

このプロセスは時間が経つにつれてより簡単で自動的になり、最終的には新しい習慣を作り出します。
最後に、障害者差別について障害のある人もない人も含めた友人とオープンな議論を行うことで、障害のある人と共に生きる人として行動することができます。

(出典:米Psychology Today)(画像:たーとるうぃず)

そのときには誤った行動をしても、よく考えれば、次は正しく行動できるはずです。

原始人ではなく、現代人になってほしいと願います。

しかし、古代の人たちにとっても、決して悪いものではなかったはずです。

ディスレクシアの強み「探求」で人類が繁栄。英ケンブリッジ大

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。