発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

恐ろしい瞬間。自閉症の少年が保育園から脱走、車が走る道路へ

time 2021/06/23

この記事は約 3 分で読めます。

恐ろしい瞬間。自閉症の少年が保育園から脱走、車が走る道路へ

恐ろしい瞬間です。
自閉症の少年が保育園を脱走し、交通量の多い道路を走っています。
親にとっては最悪の悪夢が現実になったのです。

幸いなことに、ドライバーが少年を発見し、車を路上に止めました。
しかし、恐怖はまだ終わりません。

またしても心臓が止まるような瞬間が訪れました。
少年はより交通量の多い道路に向かって走り出しました。

その時、機転を利かせた作業員が少年を捕らえました。
安全な場所に連れていきました。

チャーリー・ヘスロップが保育園から脱走した衝撃的な事件でした。

k1-3 恐ろしい瞬間。自閉症の少年が保育園から脱走、車が走る道路へ

k4-2 恐ろしい瞬間。自閉症の少年が保育園から脱走、車が走る道路へ k3-3 恐ろしい瞬間。自閉症の少年が保育園から脱走、車が走る道路へ

28歳の母親のレイチェルによれば、当初、保育園のスタッフからは逃げて保育所の駐車場に入ったと聞かされたそうです。

しかし、ソーシャルメディアにそれを書き込んだところ、このような映像があることがわかったのです。

その映像には、二人の作業員がトラックで移動しているところに、チャーリーが保育園のゲートから飛び出してくる瞬間が映っていました。

彼らのバンが止まり、チャーリーに大人がいないことに気づくと、作業員の一人がバンから飛び出し、チャーリーを止めようと走り出しました。

そして、チャーリーを止めた後、保育園まで送り届けようとしたところで保育園の職員の二人が出てきて、引き渡しました。

事情を知った母親のレイチェルは泣き崩れ、パニック発作を起こしてしまいました。

さらに、悪いことに電話があったのは、チャーリーが道路に出てから1時間以上経った後であることもわかりました。

母親のレイチェルは、息子が逃げたのは、フェンスと鍵付きの門で守られた庭ではない、安全ではない庭で遊んでいたからだと主張しています。

大人が監視しているとしても、道路に出られるところで、遊ばせていたことは理解できません。

母親のレイチェルはこう言います。

「私たちはとても幸運でした。
正直なところ、チャーリーを追いかけた人たちがいなかったら、チャーリーはどんどん逃げていってしまったと思います。
そして、通りかかった車に轢かれていたでしょう」

保育園の広報担当者は、「調査を進めており、現時点ではこれ以上のコメントはできません」と述べています。

(出典・画像:英MailOnline

無事で本当に良かったです。

うちの子もよく道路に飛び出すことがありました。

なので、大きくなった今でも車が多いところでは必ず手をつないでいます。

保育園からの脱走となれば、その安全管理に憤る気持ちもわかります。

うちの子が通う特別支援学校では、校門の出入りする扉だけでも3つの錠が付いていて、いつもしっかり施錠されています。

失踪してしまう自閉症の人などの安全を守るためのGPS中敷き

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「消えたねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。