発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

トラックの周りをいつもうろつくのは自閉症の少年と父親だった

time 2021/09/25

この記事は約 2 分で読めます。

トラックの周りをいつもうろつくのは自閉症の少年と父親だった

レイモンド・リーは仕事を終えた夕方、自分の会社のトラックの周りを二人がよくうろついているのに気づきました。

今回、リーはこの親子に声をかけることができました。
そして、父親と話すことができ、少年が自閉症であることを知りました。

男の子はトラックやトラクターが大好きで、いつもトラックの周りをうろうろしていたといいます。
父親は、少年が自分の興味のあることに没頭できるように、ただ一緒に待っていました。

朝、学校に行かなくてはならないとき、夕方、家に帰らなくてはならないときは、父親は辛抱強く説得していました。
説得に30分もかかることもあり、父親は仕事に遅刻してしまうこともあったといいます。

父親は、少年がトラックが大好きで、一緒に写真を撮ったりしていたことをリーに話しました。

リーは、少年のトラックへの情熱が今後意味することを理解し、自分のトラックに乗せてあげようと考えました。
そして、少年をトラックの中に座らせ、今度はもっと新型のトラックにも乗せることを約束しました。

t2-1 トラックの周りをいつもうろつくのは自閉症の少年と父親だった

リーは、自分にも5人の子どもがいることから、息子を育てる父親の忍耐力に驚嘆し、共感したといいます。

「私自身も5人の子どもの父親ですが、
この特別な子どもの父親の状況と息子に対する忍耐力を聞き、理解しました。
なので、彼に対して最大限の敬意を払いたいと思ったのです」

(出典:シンガポールmothership)(画像:Facebook

大好きなことが、人間を大きく成長させます。生きていく原動力になります。

それに関われた方も幸せなはずです。

そうした機会があれば、ちょっとしたことでもそんなお手伝いができるといいですよね。

クレーンの会社のみんなが愛した、クレーン大好きな発達障害青年

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「生きててよかった、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。