発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

人の目を見ることもなかった自閉症の娘が夢を叶えチアリーダーに

time 2021/10/03

この記事は約 2 分で読めます。

人の目を見ることもなかった自閉症の娘が夢を叶えチアリーダーに

ジェイミー・スラシャーは、高校1年生のときからチアリーダーになるという夢を追い続けてきました。
ジェイミーは11歳のときに自閉症と診断されましたが、それはジェイミーを縛るものではありませんでした。

「娘は自分が他の人と違うことに気づいていません。
娘は幸せです。
憎しみなど知りません」

そう、ジェイミーの母親であるブランディは言います。

c8 人の目を見ることもなかった自閉症の娘が夢を叶えチアリーダーに c3 人の目を見ることもなかった自閉症の娘が夢を叶えチアリーダーに c7 人の目を見ることもなかった自閉症の娘が夢を叶えチアリーダーに

ジェイミーはジャネット・ブッシュ先生のおかげで、ずっとチアリーディングチームで励んできました。
ブッシュ先生はこう言います。

「ジェイミーがチアリーダーになることは、彼女の夢であり、目標でもありました。
ジェイミーは応援することが大好きです。
そして、自然体でハッピーな女性です」

母親のブランディは、チアリーダーがジェイミーの自信に重要な役割を果たしていると語っています。

「娘は人の目を見ることすらできませんでした。
最初に参加したときは、人と話すこともありませんでした」

c2 人の目を見ることもなかった自閉症の娘が夢を叶えチアリーダーに c1 人の目を見ることもなかった自閉症の娘が夢を叶えチアリーダーに c6 人の目を見ることもなかった自閉症の娘が夢を叶えチアリーダーに c5 人の目を見ることもなかった自閉症の娘が夢を叶えチアリーダーに

今では、ジェイミーは自身が楽しめているだけでなく、周りの人たちも刺激しています。

「周りのチアリーダーたちは、試合の前日に来た娘を受け入れ、ポムを贈ってくれるのを見ました。
娘に親切にしてくれていました」

(出典・画像:米ksnt

夢を叶え、親しげな人ができ、囲まれている。

そんな姿を見たら、本当にうれしくなります。

発達障害の青年はチアリーディングで最高の応援をし人生を変えた

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「押すなよ、押すなよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。