発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

ADHDや自閉症などの人向けの当事者が作ったマッチングアプリ

time 2024/06/02

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ADHDや自閉症などの人向けの当事者が作ったマッチングアプリ
  • 発達障害を持つ人が利用しやすいマッチングアプリはありますか?
  • 神経多様性に配慮した特徴や機能を持つアプリはどのようなものがありますか?
  • 他のマッチングアプリと比べて、発達障害を持つ人々にとっての利点は何ですか?

ADHDや自閉症の人々のためにデザインされたマッチングアプリの創設者は、自身がマッチングに「依存」していると感じたことからアプリを立ち上げたと語っています。

34歳のジェイミー・ジョンストンは、2021年初頭にADHDと診断された後、ロンドン限定のサービスとして「Mattr」を創設しました。

ジェイミーは、マッチングから得られる「刺激とドーパミン」に依存していると感じていました。
このアプリは1年前にリリースされ、現在、東ロンドンを中心に1,200人のアクティブユーザーがいます。
ジェイミーは、これまでのデートアプリを「他のユーザーによってプロフィールが評価されるゲーム」と見なしていたと言います。

「それは本当に私の精神的健康に影響を与えました。
そのライフスタイルはしばらくすると辛くなります。

私は実際には、パートナーを見つけるのではなく、ドーパミンが欲しかったのです。
それに消耗していました。
それで、何かを変えなければならないと感じました。
他人やアプリ自体からの評価を気にせず、誰もが自分らしくいられる場所を作りたかったのです」

「自閉症やADHDの人々は、他の人を無視したり、アプリを削除したり、メッセージを無視したり、小さな話を避けて核心に触れたり、時にはぶっきらぼうになることが多いので、マッチングアプリがユーザーに圧倒的な感覚を与えるのも不思議ではありません」

ジェイミーのマッチングアプリには神経多様性を考慮した、次のような機能があります。

  • 神経多様性の詳細を共有するオプション
  • 毎日のメンタルヘルスチェックイン
  • 休憩を取るオプションとマッチに知らせる機能
  • 1日に最大4件のマッチの制限
  • 他のユーザーの行動ではなく、興味に基づく性格アルゴリズム
  • 会話を始めるためのプロンプト
  • タイピングが苦手な人のためのビデオ返信オプション
  • 認証済みプロフィール

ジェイミーは、アプリの自閉症ユーザーに対する調査で、5人中4人が他のマッチングアプリが自分たちを代表していないと感じていることが分かったと述べています。
また、神経多様性のある回答者の94%がデジタルマッチングサービスに誤解されていると感じていることも判明しました。

ジェイミーはアプリに「知っておくべきこと」というセクションがあり、そこでは神経多様性に関する個人的な詳細を共有することがよくあると言います。
また、神経多様性があることを示すボックスにチェックを入れるオプションもあります。

「大多数の人がこれを利用しています。
これによって、人々が自由に自分を表現できる環境と空間を作ることができるようになります」

モーは、このアプリを使い、現在のパートナーと出会いました。
二人とも神経多様性があります。
24歳のモーはこう言います。

「共通点があると関係を築くのがいつも楽です。
彼は他のマッチングアプリを6、7年間断続的に試してみましたが、自分と共通点が少ない人々とマッチすることが多かったと感じています。

他のアプリでは、人々は自分の本当の姿よりも最高の自分を見せようとします。
それでは人々と絆を築くのが少し難しくなります」
Mattrでは、その作りから、本当のその人がわかります」

ダニエラ・オポクは、神経多様性のある人々ともっと会うためにこのアプリに登録しましたが、まだデートには行っていません。
数年前に自閉症と診断された24歳のダニエラはこう言います。

「この世代にとってマッチングアプリを使うことは一種の通過儀礼のように感じます。
私たちは皆、コミュニティの感覚を求めており、仕事のプレッシャーと社会生活を両立させるのはオンラインサポートなしではとても難しいことです。
私は通常、ADHDや自閉症の人々とよく合い、惹かれます。
彼らは私の多くの社会的経験に共感できるからです」

ダニエラは、自分の神経多様性を他人に伝えるタイミングを考えることで、不安になることがあり、アプリを使うことでその不安が軽減されたと感じています。

Mattrを作ったジェイミーは、これらすべてがこのアプリのデザインの一部として考慮されていて、アプリはユーザーの性格やパートナーに求める条件に基づいてマッチングできると言います。

「私たちはなぜその人とマッチしたのかを教えます。
そしてプロフィールを『いいね』するだけではなく、メッセージを送らなければなりません。
そしてメッセージを送るにはその人のプロフィールを開かなければなりません」

ジェイミー・ジョンストンは、マッチングアプリで出会ったパートナーと婚約していると言います。

「今では私が招待される結婚式の約50%がマッチングアプリでのマッチから来ています。
私はただ、もっと管理しやすい体験を人々に提供したいと願っています」

(出典:英BBC)(画像:たーとるうぃず)

多様な人たちが、自分自身を偽ることなく、楽しく過ごしていける。

ますます、テクノロジーがそれを加速していってほしいと思います。

また、世代的に私は使ったことがなく、詳しくありませんが、安全に利用されることを願っています。

自閉症の学生が大学内で「ストーカー」になってしまったら。

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。