発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の青年はチアリーディングで最高の応援をし人生を変えた

time 2018/12/05

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の青年はチアリーディングで最高の応援をし人生を変えた

ウィル・ジョンソンはこれまでにたくさんの困難がありました。
今19歳のウィルは、3歳になるまで言葉を話すことはなく5歳のときに発達障害と診断をされました。
それから、感覚統合障害、強迫性障害、不安障害の診断もされています。
大きくなるにつれて、かかえている障害から、友だちを作ることがますます困難になっていきました。
しかし、父親のスティーブはこう言います。
「3年前から、変わったんです。」
c7
c4
母親のケリーがウィルにチアリーディングの練習に参加してみることをすすめてみました。
ウィルはすぐに参加しました。
「人生が変わりました。
息子のウィルは最高の応援をしています。
ときには、相手のチームを応援してしまいますが、息子はみんなを応援したいんです。」
ウィルの応援はすぐに知られるものとなりました。
c11 c3
一緒に応援している仲間は、本当に明るくて優しいとウィルのことをいいます。
「適切な言葉がみつかりません。」
チームリーダーのホイットリー・アンダーソンはそう言います。
ウィルは、すべての応援に参加しています。
学校での生活、ふだんの生活で、ウィルは変わったと両親はいいます。
c13 c8
「最近では、週末になると一緒に出かけようと誘われるようになりました。
本当にうれしいことです。」
そう父親のスティーブは言います。
ある試合で、ウィルは笑顔で仲間たちと一緒になってフィールドに走っていきました。
ベンチから見るスティーブの前で、ウィルはこれまでの練習の成果と一緒にいる仲間たちを見せてくれました。
「本当に誇りに思えます。
他の仲間達とおなじような応援はできていませんが、仲間たちは気にしていません。素晴らしいです。」
そうスティーブは言います。
ウィルの両親は、チアリーディングのチームがウィルを助けてくれたといいます。
しかし、ウィルがチームに与えた影響は、それ以上のものだったようです。
「チアリーディングの仲間たちが、ウィルから大きなことを学んだと言ってくれているんです。」
c2
チアリーディング仲間のジョーダンもこう言います。
「私たちがウィルに何かを教えているなんて思っていません。
教わったのは私たちです。自分の人生は自分で変えられるんだということを目にしています。」
(出典・画像:米WMFY
うちの子を見てても思うのですが、うれしそうに体をゆらしているだけで、見ているこちらもうれしくなってしまいます。
飾らない、飾れない喜びが伝わってくるからかな、なんて思ったりします。
受け入れてくれたチアリーディングのチームに感謝です。
そして正直、うらやましいですね。
話せなかった発達障害の青年はマライアになって自分を伝える

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「べちゃべちゃねっちさん」
ねっちさん2
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。