発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の女性が起業。「9時〜5時に従うのには苦労した」

time 2022/08/20

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症の女性が起業。「9時〜5時に従うのには苦労した」

エディ・ストバートのバンについて何でも知っている少女は多くないが、ケイトリン・シェルダンはその一人であった。これは、彼女の母親にとって、自分の子どもがニューロダイバージェントであることを示すヒントのひとつにすぎませんでした。

ケイトリン・シェルダンはは7歳のときにADHDと診断されました。
現在22歳のケイトリンは、電気製品、レゴ、バンにいつも「すごく興味がある」と話します。

「母は、私が診断を受けるために長い間戦っていました。
感覚を嫌がることなど小さな兆候がたくさんあって、母が疑っていたのは、ADHDではなく、自閉症のスペクトラムだったんです」

2014年にケイトリンは自閉症と診断されると、事態は少し理解しやすくなりました。

「診断されてから、学校では自閉症の人をサポートするユニットに所属していましたが、それまではちょっと深いところに放り込まれたような感じでした。
それから、少し自分に余裕を持てるようになり、同級生ができることのいくつかをなぜ自分ができないのか、理解できるようになりました」

それから、自分にとって最適な世界を作り続けることで、ケイトリンはITビジネスを立ち上げることにつながりました。
柔軟に自分のベストを尽くすことができるようになりました。
2022年3月、ウェールズ政府の青年起業家支援サービスの支援を受け、ケイトリンはCVS-Technical Ltdを立ち上げました。

「幼い頃からレゴなどに興味があり、10代後半になると、もっと発展していきました。
モノをつくって、その結果を見るのが好きで、さらにアップグレードして速くするのも好きでした。
それがとても楽しいんです。
私は、いつも家族やパートナーの家族の技術サポートをしていました」

k2-1 自閉症の女性が起業。「9時〜5時に従うのには苦労した」

ケイトリンは、透明性とコミュニケーション、コストの徹底的な削減、リサイクルパーツなど持続可能で手頃な価格の代替品を提供することを軸にビジネスを構築しました。

「私はデバイスを回収して、自分の仕事場に持ち帰るときに、お客様に最新情報を提供し、コストがどれくらいかかるか、再生部品を使用することでどのようにコストを削減できるかを正確に知ってもらうよう心がけています。

私がこの仕事を始めた頃は、生活費が高騰していた時期でしたから、新しいものを購入する代わりに、ソフトウェアのアップグレードをお手伝いできることは、とてもやりがいのあることです」

ケイトリンはこれまでした仕事について「9時〜5時の仕事のルーティンや期待に従う」ことに苦労していたと言います。
自分のビジネスを運営することで、落ち着いた職場環境をつくることができ、それが自分の自閉症をコントロールするのに役立っています。

「起業家であることは、私のライフスタイルにとても合っているのです。
起業家という仕事は、私のライフスタイルにぴったりです。
これまでの仕事ではあり得なかったことです」

技術系ニューロダイバージェントの女性であることは、困難な道ではありますが、ケイトリンにとって扉を開くことにもなりました。

「人脈作りのイベントなどで、私が自閉症であることを打ち明けると、人々はとても良い反応を示してくれます。どうしたらうまくいくかを教えてくれているような気がします」

k1-1 自閉症の女性が起業。「9時〜5時に従うのには苦労した」

彼女の知識は、すでに地域社会の役に立ち始めています。

「毎月、修理カフェをやっています。
また、この地域に住むウクライナからの難民の方にノートパソコンとiPadを寄付し、引越しの手助けをすることもできました」

このような素晴らしいスタートを切った22歳の彼女は、もっと多くの女性や神経障害のある人たちがSTEM分野で働くことを応援したいと考えています。
また、新年には人を雇いたいとも考えています。

「自閉症の人の就職率は著しく低く、そしてSTEM分野では女性の割合が低いのです。
私は、私のような人たちを助けたい」

(出典・画像:英Wales Online

それはそれで、もちろん簡単なことではありませんが、自分らしく活躍するために「起業」という選択もあります。

パイロットになりたかった自閉症の女性がドローンで活躍、起業

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「ジャングルねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。