発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

パイロットになりたかった自閉症の女性がドローンで活躍、起業

time 2022/01/05

この記事は約 2 分で読めます。

パイロットになりたかった自閉症の女性がドローンで活躍、起業

米国ではドローンは自動車と同じように登録制となりました。
ナンバープレートのようなリモートIDを持つことが義務づけられます。
これにより、ドローン関連のビジネスにまったく新しい道が開かれることになります。
そのひとつが、ここタンパベイにもあります。

ダーシー・ルハニはずっとパイロットになることを夢見てきました。
しかし、自閉症による感覚の問題で、実際にはコックピットに乗ることはできませんでした。

d3 パイロットになりたかった自閉症の女性がドローンで活躍、起業

そして、ダーシーはドローンを操縦するようになりました。

「これは私の夢でした。
その夢を実現するための一種の方法なのです。
ドローンは安全だし、母も安心しています」

ダーシーは、ドローンを飛ばすだけではなく、航空業界にインパクトを与えたいと考えています。

「商業航空業界は男性が多いので、それを変えたいと思っています」

ダーシーは、RoC Aviation Servicesという会社を設立しました。
ドローンを使用する企業が、日々進化する米連邦航空局の規則や規制を満たすための支援を行っています。

d2 パイロットになりたかった自閉症の女性がドローンで活躍、起業

「ドローンを所有する企業は、陸上監視や地理空間マッピングを行います。
そのためには、設計や製造の承認、製品の認証などを取得する必要があります」

ダーシーは、自閉症を課題とは考えず、むしろ財産としてとらえてきました。

「私は頭の中で複雑なシステムを視覚化することができます。
空間的知能の一種を持っています」

d4 パイロットになりたかった自閉症の女性がドローンで活躍、起業

ダーシーのビジネスパートナーであるジョセリン・プリシェットは、ダーシーのユニークな理解力が、彼らの会社を新たな高みへと導いていると言います。

「ダーシーは、
『私の自閉症の脳は、こういうふうに見ているから、こういうふうにアプローチできる』
そう言ったりします。
私は、それをすごく信頼しています」

(出典・画像:米WFTS

「ドローン」は、自閉症の方がもっている能力が確かに活きそうなところの一つのように思います。

ますますのご活躍を期待しています。

遊びをビジネスに変えた発達障害の少年「誰でも成功できる」

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「安心したよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。