発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症という課題があっても夢はある。親はそれを見つけよう

time 2023/03/29

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

自閉症という課題があっても夢はある。親はそれを見つけよう
  • どんなアクティビティや趣味が、その人を心を落ち着かせたりサポートするのに役立つか?
  • いかにして家族や支援団体がその人の才能や可能性を見出し、伸ばすことができるか?
  • その人が持つ課題や困難を乗り越えながら、自分の夢や目標を叶えるためには、どのようなサポートが必要か?

自閉症の25歳のティモシー・ブラックウェルは、2歳のときから落書きを始め、心を落ち着かせてきました。
その継続が、今、彼をサポートするのに役立っています。

「私はただ考え、そして私はこうして描きます」

ティモシーは、社会不安、音への敏感さ、感情のコントロールに悩まされてきました。
しかし、芸術はそれがテレビ番組や映画に触発されたものであろうと、彼と母レベッカは、いつも彼を支えてきたと言います。

「長い旅でした。
ここまで来るのに、多くの人、多くの組織が支援してくれました」

そのひとつが「アイ・アム・バウンドレス」でした。
この非営利団体は、知的障害、発達障害とくに自閉症を持つ人たちの可能性を実現することを使命としています。
父親であるロバート・ブラックウェルはこう言います。

「私たちは、他の人たちが『これは宝物だ』と言ってくれるまで、息子が持っているものの価値がわかっていませんでした」

まず、ブラックウェルの才能を見抜いたのは、アイ・アム・バウンドレスのカウンセラーでした。
そして、グラフィック・スクリーンプリント会社の自閉症のアーティストを募集するコンテストに応募しその結果、ティモシーはプロのアーティストになったのです。

今のところ、ティモシーの15枚の作品が、服にプリントされ販売されています。
ティモシーはその利益の一部を得ることができ、見知らぬ人が彼のアートを身に着けているのを見る機会にも恵まれます。

アイ・アム・バウンドレスの代表であるパトリック・メイナード博士は、ブラックウェルについてこう言います。

「ティモシーはコミュニケーションがうまくとれなかった時期から、今では明らかにスピーチやアート、その他すべてを通してコミュニケーションがとれるようになりました。

ブラックウェル一家にとって、これは新たな前進です。

父親のロバートはこう言います。

「先日、私たちはアートギャラリーで展示を見ました。

そして、ティモシーに言ったんです。
『ここに、ティモシーの絵が飾られるかもしれないよ』

夢を見ることを恐れないでください。
自閉症という課題があっても、子どもには夢がある。
親としてそれを見つけ、受け入れましょう」

(出典・画像:米NBC4i

夢中になれるものを見つけたら、全力で応援してください。

大きくなってから、それは大いに助けてくれるものになるはずです。

自閉症は障害とは考えていない。自閉症の少年は審判の夢を実現

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。