発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

知的障害者の私が経験してきたこと、私なら絶対に使わない言葉

time 2022/11/01

この記事は約 3 分で読めます。

知的障害者の私が経験してきたこと、私なら絶対に使わない言葉

エラ・ダーリンは、バカにされることにうんざりしてきました。
利用される、本質的に無視される、「変な人」と書き立てられることにもです。

27歳のエラは、知的障害者協議会のプロジェクトワーカーとして働いており、障害者王立委員会で証拠を提出したこともあります。

知的障害者としてどのように扱われたいか、聞いてみました。
すると、エラは次のように答えてくれました。

私のまわりには、どのように振る舞えばいいのかわからない人がよくいます。
いろいろな意味で。

ある人は、私を利用しようとします。
お金のことではよくあることです。

あるとき、人前で何かをするのにいくらお金が必要か考えていたら、誰かが助けてくれると言って、必要なお金だけを渡して、残りはとっておくと言われたことがあります。
でもそれは、私のお金です。

blank

他の人は、私と関わろうともしないんです。
先生にもそういう人がいました。

高校時代、みんなが歴史や数学の授業をしているときに、私に塗り絵とクレヨンを渡して、「ほら、塗り絵をしなさい」と言う先生がいました。

私はそのとき、17歳でした。
私に教えようとするよりも、私に色を塗らせる方が簡単だと思ったのでしょう。

私は塗り絵をしたくない、他の人と同じように勉強したい言いましたが、何も変わりませんでした。
私が学びたいと言っていることを認めてくれませんでした。

ある人は、私のことを変だと思って避けて、付き合いたくないと思っていました。
他の人は、私のような人と接するには親切にするしかないと思っているので、何にでも親切のしすぎでした。

私は、自分がコミュニティで必要とされていると感じたいのです。それだけです。
赤ちゃん扱いされるのが嫌です。
普通に接してほしいと思っています。

私のような人間も、同じように人間関係を築きたいし、仕事では尊敬をもって扱われたい。
尊敬の念を持ったサポートを望みます。

「バカ」などと言われるのも嫌です。
私はこれらの言葉が嫌いです。
汚い言葉です。

昔は、これらの言葉がよく使われていましたが、今はもっと理解されてきました。
なので、よりよく行動してほしい。

私が怒っているときには、人々はこれらの言葉を使いました。

blank

その言葉を使う前に、その言葉がどんなに傷つけるのか考えてほしい。

私のことを「バカ女」などと呼ぶのではなく、5分ほど外を歩いて、一息ついてから戻ってきて、問題に対処してくれたらと思います。

もし、私が知的障害のある人と問題があったとしても、そのような言葉は絶対に使いません。
何が問題なのかを説明し、一人の人間として扱います。
「バカ」なんて言いません。

多くの人が、知的障害者には価値がない、尊敬に値しない、と思っているようです。
しかし、それは真実ではありません。
だから私は、つらくても声を上げるのです。
知的障害者がより良く扱われることを望んでいるからです。

(出典・画像:豪abc

うちの子は重度の自閉症です。話すこともできず、知的障害もあります。

原因もわからず突然大声で泣き叫んで走り回るようなときには、私も頭に来て、どうせ言っても理解できないのだからと、傷つけるようなひとことを言ってしまうことがあります。

いつも後からひどく後悔して、何度も謝ります。

自分でも、もうそんなことは言いたくありません。

他の人にうちの子がそんなことを言われたら、私は激怒します。

与えてくれる、嘘がないニコニコした笑顔は何よりの宝、私に力をくれます。

私にとっては、喜びを与えてくれる、誰よりも尊重するべき人に間違いありません。

知的障害の人がかかえる絶望感をまわりはわかっていないのかも

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「わざとしているのか、ねっちさん」
ねっちさん3
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。