発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

遊びをビジネスに変えた発達障害の少年「誰でも成功できる」

time 2019/08/08

この記事は約 2 分で読めます。

遊びをビジネスに変えた発達障害の少年「誰でも成功できる」

ドローンがオンになっていることを示すビープ音は、米アイダホ州で空撮写真ビジネスを始めたサム・スティーブにはよく慣れた音になりました。
17歳のサムはもう3年間、ドローンを操縦しています。
「すごく楽しいです。ドキドキさせてくれます。」
お母さんが考えつくまで、サムにとってはただの遊びでした。
「お母さんと一緒に飛行機に乗っていたときに言われたんです。
これを仕事にしたらと。」
それがビジネスを始めた理由です。
d3 遊びをビジネスに変えた発達障害の少年「誰でも成功できる」 d4 遊びをビジネスに変えた発達障害の少年「誰でも成功できる」 d5 遊びをビジネスに変えた発達障害の少年「誰でも成功できる」
今では、ドローンの操縦スキルとカメラを使って十分に稼いでいます。
サムはそれぞれの家へ訪問し、空から撮影した写真はいりませんかとたずねます。
サムにとっては多くの人以上に大きな勇気が必要なことです。
「息子が幼かったときには、全くそんなことができることは考えられませんでした。
4歳になるまで話すことはできませんでした。
息子は本当に大変だったことを行うようになったんです。」
d10 遊びをビジネスに変えた発達障害の少年「誰でも成功できる」 d8 遊びをビジネスに変えた発達障害の少年「誰でも成功できる」 d7 遊びをビジネスに変えた発達障害の少年「誰でも成功できる」
幼かった頃、サムの行動には何年も苦労をしました。
サムが発達障害と診断されたことは家族にとっては助けでした。
家族は、サムの困難を克服するためにたくさんのことを調べ、そして実行してきました。
母親のディアンは、サムについて立派に成長するようなことはないだろうと何度も言われてきたと言います。
そんなサムは、今では他の人があこがれる存在になっています。
「『僕を見てください。僕のようにできるはずです。成功できるはずです。』
そう言えるようになりました。
発達障害とか関係ありません。誰でも成功ができると思います。それを僕は見せたいんです。」
(出典・画像:米KREM
好きなこと、得いなことを見つけて、さらに稼げるようになったらそれ以上のことはないでしょう。
いろいろなことにチャレンジして、好きなことをたくさん見つけられるようにしたいですね。
発達障害だから無理。と言った娘は父と一緒に人気ユーチューバー

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。