発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子が同時にかかえることが多い強迫性障害など他の状態

time 2023/08/19

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

自閉症の子が同時にかかえることが多い強迫性障害など他の状態
  • ADHDと自閉症はどのように関連していますか?
  • 自閉症の子どもはどのようなことに悩みやすいのですか?
  • 自閉症の診断を受けた子どもの家族はどのような支援を受けることができますか?

息子のアンドリューは子どもの頃から不可解な行動を示していました。
衝動的で、すぐに気を散らし、じっと座っていることができませんでした。
いつも何でも心配し、繰り返し確認を求めてきました。
息子の最初の診断はADHDと不安症でしたが、夫と私はそれだけではないと感じました。

アンドリューは目を合わせることができず、けいれんや感情の崩壊、繰り返しの行動がありました。
手を振ったり、頭のてっぺんを円を描くようにこする習慣がありました。

9歳のとき、突然、絶え間ない強迫的な儀式が始まりました。
彼は何時間もの間、手で床を掃き、ドアを行ったり来たりし、頭をポールに何度もこすりつけました。

その時点で、アンドリューは自閉症の診断を受け、それに加えてトゥレット症候群、強迫性障害、ADHD、学習障害と診断されました。

多くの自閉症の子どもたちは同時に他の状態を持っています。
実際、2019年のカナダの子どもと青年の健康調査によれば、「ASDのある子どもたちは、ASDのない子どもと比べて別の長期的な健康状態も持つ確率が3倍高かった」と報告されています。

では、どのような身体的健康の状態をかかえることがよくあるのでしょうか?
医学的な問題は自閉症の子どもたちによく見られ、とくに自分の気持ちを表現できない人々にとっては診断が難しいことがあります。
幸いなことに、これらの問題を長期間経験する必要がないようにする、多くの手段があります。

■ 睡眠障害
多くの自閉症の子どもたちは、寝付くことや寝続けることに慢性的な問題を抱えています。
これらは行動や学習の問題を悪化させることがあります。
医師は、最適な睡眠環境を作るための寝室の状態や一貫したルーティンのヒントをアドバイスできるはずです。

■ 胃腸の問題
米ホランド・ブロービュー・キッズ・リハビリテーション病院のシニア臨床科学者および発達小児科医で、ブロービュー・リサーチ研究所のシニア臨床科学者である、メラニー・ペンナー博士は、自閉症の人が胃腸の問題もかかえることはよくあることだと言います。
それには、便秘、下痢、腹痛や胃食道逆流症などが含まれます。

医師は、子どもが何を食べるか、いつ食べるか、食べ物がどのように調理されるか、どれだけの量の水を飲むかなどの要因を注意深く評価し、解決策を提案することができるでしょう。

■ 摂食障害
多くの自閉症の子どもたちは、制限された食事習慣、特定の食べ物の感触、味、においに対する感覚的な問題や、同じものへの固執、満腹感を感じる能力が足りないなどの問題をかかえます。
私の息子のアンドリューは何年も毎日同じピーナッツバターとバナナのサンドイッチを食べています。
チーズのような滑らかな食べ物の感触が嫌いで、食事を急いで食べ過ぎてしまうこともよくあります。

■ けいれん発作
研究によれば、一般の人口に比べて自閉症の子どもたちの中で、てんかんの有病率は高いと報告されています。
遺伝的な関連性があることがあり、発作は出生から思春期にかけて始まることがあります。
知的障害を持つ子どもたちも発作の発生率が高くなっています。

ペンナー博士によれば、他の人や触れられても、子どもが反応しないようなより微妙な発作もあるため、診断が難しいことがあります。
医師は、脳の活動を測定するために脳波検査を行い、薬物治療が行うこともあります。

自閉症とともに共存する精神的健康や神経発達の状態はどうでしょうか?
多くの一般的な共存する状態は、重なり合う行動があり、診断が難しいことがあります。
自閉症と同様に、さまざまな治療アプローチや必要に応じた薬物治療が行われます。

■ ADHD
ペンナー博士は、自閉症とADHDを「親しい仲間」と表現しています。
一部の症状は区別が簡単ではありません。
子どもの強み、課題、および彼らを落ち着かせてくれるものを統合的に理解することに焦点を当てる必要があります。
一般的な治療アプローチには、行動療法や家族や子ども向けの教育が含まれます。

■ 不安
不安障害は一般の人口よりも自閉症の子どもには多く見られます。
広汎性不安、分離不安、特定の恐怖症も含まれます。
ペンナー博士は、不安が単独で発生しているのか、自閉症に関連する困難から発生しているのかを判断することが難しいことを指摘しています。
たとえば、自閉症に関連する感覚過敏が学校のベルの大きな音によって苦痛を引き起こす可能性があります。
一般的な治療アプローチには、認知行動療法、リラクゼーションテクニック、子どもが自己表現に苦労する場合のマインドフルネスなどが含まれます。

■ 強迫性障害(OCD)
OCDでは、不快な思考が個人を反復的な儀式に参加させ、これらの思考を和らげようとします。
息子のアンドリューの場合には、自分の姉が誘拐されるという考えを抱かせ、それを解消するために何時間も寝室の壁に触れるという儀式を行わせました。

子どもは自分の妄想と強迫観念が無意味であることはわかっていますが、脳は理性を上書きし、止めることができません。
これらの行動は、時折、自閉症と区別が難しいこともあります。
ペンナー博士は、子どもにとって理にかなった鎮静的な行動のような反復的な自己感応的な行動と、OCDのような自己非感応的な反復的な行動とを区別する必要があると言います。
つまり、子どもに特定の儀式を止めさせないことも、重要な場合もあるということを意味します。

■ うつ病
研究によれば、自閉症の子どもたちの中で気分障害が一般の人口よりも一般的です。
うつ病は年齢とともに増加し、知能能力と相関しています。
自閉症におけるコミュニケーションの課題はうつ病を隠すことがあり、ペンナー博士は行動の変化、好きな活動への興味の喪失、引きこもりの増加、食欲や睡眠の変化などを見つけるために努力しています。

その他、知的障害、学習障害、言語障害など、一般的な神経発達障害の共存もあります。

自閉症の子どもの共存する状態を特定することは重要ですが、それは診断とサービスを複雑にする可能性があります。
各障害に異なる治療アプローチとサポートが求められるからです。
私たち親としては、子どもの成功を最適化するために、総合的な視点を持つことが重要です。

息子のアンドリューが肩を何度もこするとき、自閉症のスティミング(自己刺激行動)なのか、強迫症の儀式なのか、またはチック(トゥレット症候群)なのか、私にはわからないことがあります。
試行錯誤がたくさん必要ですが、決意と粘り強さ、一貫性を持って取り組むことで、私たちの子どもたちは大いに恩恵を受けることができます。
息子のアンドリューも確かにそうでした。

(出典:米Today’s Parent)(画像:Pixabay

自閉症の症状は人それぞれであることがよく言われます。

あまり、細かく障害を分類しても、それらも結局のところ治療方法は同じだったりもします。

医師に相談すれば、総合的に検討してくれるはずです。

なお、同時にかかえることが多い状態は他にもあるようです。

自閉症とジェンダーの多様性。最新の研究からわかってきたこと

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。