発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

中年になって自閉症と診断された女性の私から伝えたい6つのこと

time 2022/01/18

この記事は約 5 分で読めます。

中年になって自閉症と診断された女性の私から伝えたい6つのこと

45歳になって、私は正式に自閉症の診断を受けました。

正式に診断される2年前、自宅を訪れた心理学者から「あなたは高機能自閉症だと思います」と言われていました。

そのときから、今までに私はずいぶん進歩したものです。
自閉症とは、メディアで飽和状態にある限定的なステレオタイプなものではないと、正しく理解できたことで私は自由になりました。

今では、私は自分の自閉症を受け入れ、これまで以上に自分自身を理解できています。

年齢を経てから、自閉症と診断される。
それについて知っておいてほしい6つのことがあります。

 

1.私たちはずっとそうでした

熟年女性が自閉症と診断されています。
心理学者の診察室やメディアで私たちの存在が知られるようになりましたが、私たちはずっとそうで、ずっといたのです。
科学者が新しい惑星、星、太陽系、深海生物、遠いジャングルの幻想的な新菌類を「発見」されるまで、これらの奇跡的な新不思議はまったく知られていませんでした。
今、私たちが発見されている理由は、科学が追いついたからです。

自閉症の初期の研究は、若い白人の男の子だけを対象に行われました。
現在、自閉症の専門家は、シス・女性、トランス、ジェンダー多様性、ノンバイナリー、黒人、アジア人、文化的・民族的に多様な人々も自閉症である可能性があり、ハンス・アスペルガーの自閉症研究の初期の対象であったオーストリア人の少年とは全く異なる症状を示すかもしれないことに気づいています。

 

2.自閉症の診断は悲劇ではありません

私の診断は悲劇でないばかりか、全く逆でした。
初めて、すべてが意味をなしたのです。
その診断は、私の人生経験全体を正当化するものでした。

親友のケイトに言われたように、私はずっと岩だらけのリュックを背負って山を登っていて、なぜ自分が苦労しているのか不思議に思っていました。
今、私は理解できています。
私は発達障害なのです。

私の周りの世界は大多数の人のために作られているので、私にとって毎日が挑戦です。
しかし、それは私のせいではありません。
私の診断は、私に力を与えてくれるものでしかありません。

w4 中年になって自閉症と診断された女性の私から伝えたい6つのこと

3.予防接種は自閉症の原因ではない

念のため申し上げますが 予防接種は自閉症の原因ではありません 。
自閉症には強い遺伝的マーカーがあり、そのため世界中で人々はそのカタログを作ろうと競争しています。
例えば、最近非常に議論を呼んだスペクトラム10Kと呼ばれる英国の研究がそうでした。

 

4.私たちは自閉症について共有したいかもしれません

私たちは、自閉症について読んだり書いたり、他の自閉症の人が話すポッドキャストを聞いたり、セミナーに参加したり、そして、あなたに自閉症について話したりします。

私たちは、あなたと特別な興味を共有したいのです。

誤解され続けてきた私たちは、自分たち独自の文化を共有することに必死なのかもしれません。
もし私たちが自分の診断名を明かしたとしたら、それはとても怖いときですが、私たちが会話を始めたいからかもしれません。

私たちの生活の中で自閉症がどのように見え、感じているかを尋ねてみてください。

私たちが仕事、学校、社会的状況にアクセスするのを容易にするためにあなたができることがあるかどうかを尋ねてみてください。

w3 中年になって自閉症と診断された女性の私から伝えたい6つのこと

5.自閉症の子どもは自閉症の大人になる

何十年もの間、自閉症は「子どもの病気」であるという間違った思い込みがありました。

その誤解は今でも根強く残っています。

しかし、自閉症は病気ではありませんし、治るものでもありませんし、18歳になったら終わりというものでもありません。

そして、私がすぐに気づいたように、成人向けの支援サービスはあまりありません。
サポートの必要性は決してなくならないのに、なぜか私たちは見えない存在なのです。

私が自分の自閉症について公言したいと思った理由の一つは、自閉症の成人が見えない存在であることを目の当たりにしたからです。

自閉症の成人には、人間関係を築き、結婚し、家族を持つ人もいるからです。
私は、未来の自分を見たいと思う自閉症の子どもたちに、見える存在になりたいと思っています。

 

6.早期診断は重要

30代、40代になってから自閉症の診断を受けたからと言って、大丈夫、助けがいらないということにはなりません。

たびたび女性は、自閉症であるためにされてきた評価による自分ではない、本当の自分を見つけることになります。

そして、燃え尽きて、人間関係も壊れ、仕事も続かない、うつ病、不安、自傷行為や摂食障害などの原因に自閉症がなっている可能性があります。

自閉症と診断されるが前に中年になってしまった女性は、発達障害でない女性として過ごすことを通ることを学んだものの、心身の健康に大きな犠牲を払ってしまっているのです。

w2 中年になって自閉症と診断された女性の私から伝えたい6つのこと

自分の生き方を、誰かのコピーとし、模倣し、偽装することを学びました。
これは、高度なサバイバルスキルであり、その利点もあります。
しかし、残念ながら、高度なカモフラージュはエネルギーを消耗し、健康、自己意識、喜び、自尊心を蝕むのです。

私は10代の頃、自分が自閉症であることを知っていればよかったと絶対に思います。

うつ病、不安神経症、睡眠障害、摂食障害、いじめ、危険な行動、自殺願望など、典型的な自閉症の未診断の女性の経験をしてきました。

私は「高機能」だったかもしれませんが、なんとか若い頃を生きて過ごすことができました。
しかし、自分の人生を終わらせることを考えていました。
妄想していました。切望していました。

10代の頃、自分が自閉症であること知っていたら、すべては変わっていたはずです。

自閉症と診断されることは悲劇ではありません。
診断されないことが悲劇かもしれません。

(出典:米Mamamia)(画像:Pixabay

すごくご苦労されたはずです。

だからこそ、子どもたちが生きていくのに支えになる、光を照らす存在になって頂きたいと願っています。

74歳になって自閉症と診断。子どもの頃は知られていなかった

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「そっと楽しんでるよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。