発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人の運動機能の問題はもっと重要なことだと捉えるべき

time 2022/01/19

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症の人の運動機能の問題はもっと重要なことだと捉えるべき

おいしいものを食べる、友達にわめく、楽器を演奏する。
人生の最大の喜びのいくつかは、多様で複雑な運動技能に依存しています。

運動機能は日常生活の多くの場面で中心的な役割を担っているにもかかわらず、多くの発達障害や精神疾患との関連は十分に理解されていません。
また、自閉症との関連性を見過ごすことは、研究と支援の両方の機会を逃すことにつながっています。

医師や科学者は、自閉症の初期の概念から運動能力の違いについて述べてきましたが、それは自閉症の中核的な特徴からすると「周辺的なもの」であると広く見なされています。
しかし、急増する研究論文によれば、幅広い運動能力の違いは自閉症の人たちを理解し、評価し、支援する上で、とても重要なことが示唆されています。

m3 自閉症の人の運動機能の問題はもっと重要なことだと捉えるべき

私たちは最近、自閉症の運動能力に関する最新の研究をレビューし、臨床ケアに最も関連するエビデンスに焦点を当てました。
その結果、運動技能の違いは、あらゆる年齢の自閉症の人にとって重要であり、活用されていない臨床目標であることがわかりました。

最近の多くの研究によれば、自閉症の人とそうでない人では、さまざまな運動スキル領域において大きな差異を示すことがわかっています。
3つの大規模な調査で、一般的な運動能力の違いは自閉症に広く存在し、臨床的に重要であり、十分に認識されていないことも確認されています。
自閉症の子の最大87パーセントが運動障害を示すにもかかわらず、運動障害に特化した診断や治療を受けているのはごく少数でした。

これらの結果から、運動機能の障害は、認知障害や言語障害と同等以上に自閉症の人には多く、個人の症状、治療の推奨に影響を与えると広く考えられます。
そして、自閉症における運動障害の広範さを考えると、運動障害は単に診断に関連しているのではなく、自閉症の中核的な特徴に本質的に関連している可能性があります。

m2 自閉症の人の運動機能の問題はもっと重要なことだと捉えるべき

発達上、運動技能は乳幼児期から他者や環境との相互作用を形成する上で重要な役割を果たすため、社会性、コミュニケーション、適応性、認知能力の発達と本質的に関連します。
最初に現れるコミュニケーションスキルである表情、共同注意、原始的な指差しは、すべて運動行動です。
したがって、運動行動における早期の違いは、様々な領域で発達に連鎖的な影響を及ぼす可能性があります。

アイコンタクト、顔の表情、社会的方向づけ、身振りなどの社会的コミュニケーションの手がかりは、基本的に動きに依存しており、これらの非言語的手がかりの微妙な非典型性によって、その有効性が変化する可能性があります。
また、歩行、姿勢、協調性などのグローバルな身体の動かし方は、日常生活において他者から非常に注目されるものです。
その結果、運動計画と実行の問題は、社会的相互作用や自閉症者の社会的認知にも直接影響を与える可能性があります。

研究者たちは、自閉症の人とそうでない人の動き方の基本的な違いが、両者のつながりをより難しくしているのではないかという理論を立て始めています。

私たちの最近の研究では、自閉症の子どもや青年は、そうでない人と比べて、体の動きや顔の表情を神経型の会話相手と合わせることが少なく、この社会的協調性の低下が、より顕著な自閉症特性や典型的な社会性やコミュニケーション能力の低さと関連していることが示唆されています。

もちろん、運動技能の違いがもたらす影響は、社会的コミュニケーションにとどまりません。
運動を中心とした活動が困難であったり、不快であったりすると、自閉症の子どもや大人が、運動や芸術的な趣味、あるいは食事といった健康的で楽しい活動に参加できなくなる可能性もあります。

m4 自閉症の人の運動機能の問題はもっと重要なことだと捉えるべき

基本的な運動機能の障害を治療することは、反対行動と誤解される問題の解決にもつながるかもしれません。

たとえば,自閉症の子どもは,靴ひもを結んだり,コートのボタンをかけたりするような日常的な作業が,細かい運動能力の遅れによって特に困難になっているため,学校に行く支度をすることに積極的に抵抗することがあります。
運動技能の違いを直接的に支援することは、様々な日常生活領域において機能的成果を向上させ、フラストレーションを軽減する新しい方法になるかもしれません。

なお、運動技能は、発達の乖離が最初に現れる領域であるかもしれません。
後に自閉症と診断される乳児は、生後わずか6ヵ月までに微細運動と粗大運動の違いを示し、生後13ヵ月までに大きなレベルの違いが観察されます。
運動機能の違いが自閉症の中核的な行動の発現に先行する可能性があることを認識することは、自閉症の子の発達経路を明らかにすることにもつながるはずです。

私たちは、運動機能に違いがある自閉症の人たちに、負担を強いるような療育方法はやめ、運動障害をかかえていても、より取り組みやすくするような方法へ、広い範囲での修正を強く提唱します。
身体的活動は、身体的・精神的健康の両方に恩恵をもたらすものであり、最適な人生の成果を得るために不可欠なことです。

米フィラデルフィア小児病院 自閉症研究センター ケイシー・ザンペラ

(出典:米SPECTRUM)(画像:Pixabay

うちの子もなかなか器用なことはできませんが、小さな頃から比べればずいぶんとできることが増えました。

お願いすると、バッグやカバンを今では上手に壁にある小さなフックにかけてくれます。

そのときに見せてくれる笑顔がたまりません。

バランスゲームが自閉症症状の重症度を下げ、脳の構造も変えた

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「珍獣扱いされてるぞ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。