発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

知ってほしい。自閉症やADHDなどの人がもつ感覚処理の問題

time 2022/02/08

この記事は約 4 分で読めます。

知ってほしい。自閉症やADHDなどの人がもつ感覚処理の問題

感覚処理障害、あるいはADHD、PTSD、自閉症などの人にとって、感覚の過敏さは生きづらいものです。
ADHDの当事者が自らの経験について説明し、その兆候を見つけるためのヒントを紹介します。

過剰な刺激を受けていることは、外部から見るとあまりわからないかもしれません。
ADHDの私でさえ、内部からのサインを見つけるのに苦労することがあります。

しかし、ADHDや自閉症、PTSDの大人の多くは、特定の感覚のきっかけにさらされると、不快感を感じたり、極度に圧倒されたりすることがあります。

これには以下が含まれます。

  • 過度の騒音
  • 強い光や点滅する光
  • 人混み、または集団での密接な接触
  • 食べ物や衣服の質感、皮膚への刺激
  • 香水などの強烈な香り

 

c1 知ってほしい。自閉症やADHDなどの人がもつ感覚処理の問題

私が経験した感覚処理障害の5つの一般的な兆候を説明し、私がどのように過剰な刺激を避け、気持ちを和らげているかを紹介します。

これらの例をよく知ることで、自分自身や他の人の症状を認識し、症状が不安発作にエスカレートするのを避けることができるかもしれません。

■ イライラや不釣り合いな感情反応

私は忙しい小売業で働いているため、脳は常に複数のことを同時に処理しようとしています。
大きな音や複数の人に話しかけられながらレジ打ちをするのは大変なストレスで、時には圧倒されることもあります。
これは、すぐに不満や怒りとして外部に出てしまうことがあります。
体温が高すぎたり、汗をかいたり、状況に過剰に反応したりするのも、私が過剰に刺激を受けているサインです。

落ち着ける場所に移動することで、不快感を和らげることができます。

c3 知ってほしい。自閉症やADHDなどの人がもつ感覚処理の問題

■ 体を動かす反復行動

髪を引っ張る、爪を噛む、皮膚をほじる、指を鳴らすなど、さまざまな行為が含まれます。
このような症状は、周囲にかなり迷惑をかけてしまうのですが、本人は気づかないこともあります。
脳が外界の感覚情報を処理しようとしている間に、無意識にそのはけ口として使っているのかもしれません。
このような習慣は、疲弊を招き、時には害を及ぼすこともあります。

そこで、私はフィジェットリングを身につけています。
肌をいじったり、指を叩いて無作法だと思われたり、せっかちだと思われたりする代わりに、今は指輪を回しています。
フィジェットはいろいろありますが、私は仕事場でも持っていられるように、このリングを選びました。

■ 集中力の欠如、または集中力の変化

場合によっては、軽い不快感を与えているものに、無意識に意識が移ってしまうことがあります。タグのかゆみや衣服の不快な素材など、ほとんどの人は無視できる刺激ですが、私は一度気づいたらそればかり考えてしまうのです。
そのため、仕事を続けることが特に難しくなり、特に気にしていなくても、気づかないうちにさまざまな情報を処理していることが浮き彫りになってきます。

そこで私は、制服や洋服の下に長袖の綿の上着を着るようにしています。
不快に感じる服を識別し、それを変更することは、気分に驚くほど大きな影響を与えることがあります。

 

c5 知ってほしい。自閉症やADHDなどの人がもつ感覚処理の問題

■ 不安発作

過度な刺激を長時間受けると、不安発作を起こすことがあります。
不安の外側の兆候は人によって異なりますが、一般的で顕著な兆候は以下の通りです。

  • 発汗および/または顔面紅潮
  • 息が荒い
  • 頭がふらふらする、めまいがする
  • 周囲に圧倒される、または周囲から「切り離された」感じがする
  • 震える

ここまでエスカレートしたら、どこか静かなところで座って落ち着くようにします。
水を一杯飲んで、数分間一人になって、何かあればすぐ近くに人がいることが分かっていれば、一番助かります。しかし、人によっては、友好的な会話を好む人もいます。
精神衛生上、コミュニケーションは非常に重要です。
わからないことがあれば「何かお手伝いしましょうか?」と聞いてもらえれば、それは失礼なことではありません。

(出典:米happiful)(画像:Pixabay

少し変わった?行動をとっている子や方を見たら、まずはこうした問題をかかえている人をいることを思い出して頂きたいと思います。

無害であれば自閉症の人の自己刺激、常同行動はそのままで良い

(チャーリー)


たーとるうぃずのフィジェット/スピンリング


web_1200_muke5 知ってほしい。自閉症やADHDなどの人がもつ感覚処理の問題

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「びっくりしたよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。