発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症やADHDの人の多くが経験している「感覚過負荷」

time 2023/07/20

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

自閉症やADHDの人の多くが経験している「感覚過負荷」
  • 感覚過負荷とは何ですか?
  • 感覚過負荷はどのように発生しますか?
  • 感覚過負荷を経験したときの対処法はありますか?

私たちはさまざまな刺激や感覚を脳に受け取ります。
視覚や聴覚、味やにおい、そして触覚のような圧力や温度などがそれに含まれます。
感覚過負荷は、このような感覚情報の量や性質に圧倒される状態を指します。

感覚過負荷が発生すると、過度な刺激によって圧倒され、ストレスや心配を感じることがあります。
しかし、感覚過負荷は一時的な状態であり、余分な刺激が取り除かれれば時間と自己調整によって収まるものです。

感覚過負荷は、自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などと関連することがあります。
しかしながら、これらの状態があるかどうかに関わらず、感覚過負荷を経験することは誰にでも起こり得ます。
感覚過負荷の正確な原因についてはまだ明確にはされていませんが、複数の要因が関与している可能性があります。

感覚過負荷に関連する認知的および生物学的な説明の基盤としては、「感覚ゲーティング」というメカニズムがあります。
感覚ゲーティングは、注意システムの一部であり、不要な感覚情報を処理しないようにする役割を果たします。
感覚ゲーティングが妨げられると、通常は無視されるべき感覚刺激が処理されるようになります。
これによって脳の処理能力を超え、過負荷が引き起こされることがあります。

感覚過負荷の症状は多岐にわたります。一般的な症状としてはストレス反応、思考や知覚の障害、注意力や集中力の低下などがあります。
また、他の診断を持つ人が感覚過負荷を経験すると、関連する特徴が悪化することもあります。
たとえば、感覚処理障害(SPD)を持つ人が過度の刺激にさらされると、感覚情報の処理がより困難になることがあります。

感覚過負荷は自閉症スペクトラム障害(ASD)とも関連しています。
自閉症は、コミュニケーションや感覚体験などに特徴がある発達障害です。
自閉症は個人によって異なりますが、多くの自閉症の人が感覚過負荷を経験します。
具体的な原因はまだ明確にはされていませんが、感覚情報への視床の反応性が高まっていることが一つの理由とされています。

感覚過負荷は医療の体験やアクセスにも影響を与える可能性があります。
研究によれば、医療環境の特定の要素が感覚過負荷を引き起こしたり悪化させたりすることがあり、感覚過負荷を経験する人々の医療施設へのアクセスに影響を与えることがあります。
たとえば、自閉症の患者にとって、医療施設での聴覚体験はストレスとなる場合があります。

注意欠陥多動性障害(ADHD)も感覚過負荷の経験と関連しています。
ADHDは認知的および神経生物学的な基盤を持つ行動症候群です。
ADHDと感覚過負荷の関連機構は完全に理解されていませんが、ADHDは知覚と注意の処理の違いによって特徴づけられるため、認知的な基盤も関与していると考えられています。

感覚過負荷は現代の経験とも関連している可能性があります。
例えば、過去と比べて公害レベルが高い都市に住んでいる人々の脳の健康にノイズ公害が影響することが研究で示されています。
交通や建設作業などが公衆衛生上のリスクとなることも指摘されています。
そのような、ノイズ公害に関する研究は都市計画にも役立つはずです。
感覚過負荷と脳の健康への影響に関する研究は、よりアクセスしやすい都市を構築するための基盤として活用できます。

感覚過負荷については、まだ経験の多くの要素について十分に理解されているとはいえません。
そのため、今後の研究によって感覚過負荷についての臨床的な理解がさらに深まることが重要です。

(出典:米NEWS MEDICAL)(画像:Pixabay

うちの子は、小さな頃から今でも、小さな子どもの声や泣き声がとても苦手なようです。

一年間だけ通った保育園では、迎えにいくと、いつも1人で部屋の片隅にじっと座っていました。

今でも、あの光景を思い出すとどれだけ苦しかったろう、本当に申し訳なかったと反省します。

感覚の問題は自閉症でない人には説明が難しい。絶対無理レベル

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。