発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

感覚の問題は自閉症でない人には説明が難しい。絶対無理レベル

time 2022/08/19

この記事は約 4 分で読めます。

感覚の問題は自閉症でない人には説明が難しい。絶対無理レベル

小さい頃は、甲高い音、特定の果物や濡れた靴下を見ると気持ち悪いと思ったり、日光、ショッピングモールの蛍光灯、ピーナッツバターなどの匂いなど、我慢できないことがたくさんありました。

大人になってからは、それほどひどくはありません。
しかし、食卓や夜間の音は、今でも大きな問題です。
特に夕食時や夜間は、音に悩まされます。
靴下を履くときは必ず上部を切らなければなりません。

私だけではなく、96パーセント以上の自閉症の子どもが複数の領域で過敏症や低感覚を訴えています。
そして、感覚の違いは大人になっても続くことが多いようです。

多くの人が特定の音、景色、におい、味、身体感覚に嫌悪感を抱きますが、自閉症の人がネガティブな感覚を体験するのは、自閉症でない人には説明するのが難しいです。
また、特定の状況にいたり、特定の物質に触れたりすることは不快なだけでなく、絶対に無理なレベルになります。

誰かが皿をこする音を聞いたとき、私はそれを聞くだけでなく、体中でそれを感じます。
腹と胸でも感じる。
歯からは、やすりで削られているような感じがあります。
頭の中が一時的に真っ白になり、何を言っていいのかわからなくなります。
不安でたまらなくなり、そこから離れなければなりません。

l1 感覚の問題は自閉症でない人には説明が難しい。絶対無理レベル

そして、最悪なことに、この体験はずっと心に残ります。
一日中、その騒音に引き戻され続けるのです。
何ヶ月も、あるいは何年も経ってから、特定の出来事によって引き起こされた特定の感情を思い出すことさえあります。

多くの人には、自閉症や感覚の問題について理解しにくいことがあります。
照明がちょっと明るすぎるとか、騒音がちょっとうるさいとか、そういうレベルではないのです。

全身に恐ろしい、痛い、心配、気持ち悪いという感覚を引き起こし、完全に圧倒され、耐えられないのです。

感覚処理の問題を考えてみると、自閉症の大人や子どもにとって、学校環境での対応など、日々の要求をこなすことがいかに難しいかがわかるはずです。
もちろん、問題は学校にとどまりません。
職場、子育て、掃除や買い物などの日常的な作業も、すべて手に負えなくなる可能性があります。

私のクライアントのダニエルはこう言います。

「子どもの頃、泣いている妹のそばにはいられませんでした。
妹の泣き声に困って、かき消そうといつも大声を出しました。

父親となった今でも、子どもが泣くことは恐ろしいことだと感じています。
妻に代わって部屋を出て行かないと、倒れそうになってしまうんです」

別のクライアントであるショーナは、大学に通う際の感覚の問題の影響について説明しました。

「大学に入れない日もあります。
掃除用具の匂いに耐えられないんです。
気分が悪くなるんです。
照明のせいで、集中できないんです。
偏頭痛に襲われることもあります。
大学は好きだけど、出られないことも多いんです」

l3 感覚の問題は自閉症でない人には説明が難しい。絶対無理レベル

自閉症の人たちは、感覚処理の問題に関して、ほとんど共感してもらえないことが多いようです。
ダイアナは、パートナーと一緒になったとき、彼が口笛を吹くのが耐えられないと説明したそうです。

「私は、自分の問題だと責任を認識して、うまく説明しようとしました。
しかし、彼はそれを冗談だと思って、口笛を吹いて私を困らせました。
私は完全にパニックを起こして、外に出て行きました。
そして別れました」

自閉症の場合、音や光、感覚によって自分がどう感じるかを他人に説明するのは難しいかもしれません。

重要なことは、これは現実のことであり、同じ感覚入力でも、おそらく他の人とは全く異なるということです。
もしあなたが自閉症の人の親、パートナー、同僚、その他の関係者であるなら、彼らを信じてあげてください。
音や光、布、不揃いの家具などが苦痛を与えていると言うなら、それは本当に苦痛なのです。

クレア・ジャック 博士
自閉症スペクトラム当事者

(出典:米Psychology Today)(画像:Pixabay

どうしても、自分の感覚で捉えがちですが、想像以上で我慢なんてできないくらいのものなのでしょう。

決して軽く考えてはいけません。

発達障害の人たちがイベント参加しやすいように。「避難所」バス

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「魔術師なのか、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。