発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の女性ラッパー「つらい時期、音楽だけが助けだった」

time 2023/11/23

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

自閉症の女性ラッパー「つらい時期、音楽だけが助けだった」
  • 自閉症を持っている人でも音楽活動はできるのか?
  • 自閉症の人が音楽を通じてどのように自己表現を行っているのか?
  • 音楽が自閉症や他の発達障害を持つ人々のメンタルヘルスにどのように役立つのか?

英国のラップ番組『The Rap Game UK』に出演しているリックスは、自閉症を持つラッパーです。

18歳のリックスにとって、音楽は常に安心できる場所です。
音楽は生涯を通じて支えとなってきました。

「小さい頃は、教会で母と一緒に歌っていました。
私が生まれる前には、両親もラップをしていました」

歌詞を書くことは、リックスが世界や自分の気持ちを整理する方法です。

「日記を書く人に似ていると思います。
頭に浮かんだことをそのまま書くんです」

南ロンドンに住むリックスは、『The Rap Game UK』の第5シーズンに出演している7人のMCの一人です。
2万ポンドの賞金とラジオでの出演を競っています。

「自閉症を持っていることで、自分を理解してもらえないことが多い。
何かを伝えようとすると、それが伝わるまでに時間がかかります」

リックスは自分の音楽を「ドリルビートのラブソング」と表現し、他の出場者と共にラップで自閉症について語ります。

「見て、私にはASCがあるから、世界を違う目で見るんだ。
そして、私は顔のマスクを外したから、時々読み取りにくいかもしれない。
そして私は違う、私は神経典型的な人たちとは異なることを知っている」

ASCはAutism Spectrum Condition(自閉症スペクトラム症状)の略で、私たちの脳の異なる発達に関連する一連の状態を説明するために使われる包括的な用語です。

実生活では、彼女が自閉症であることを知る人は多くありません。

「人々は私を静かな人だと思っています。
私には音楽を通じて感じることを表現する方がずっと簡単」

音楽は彼女の人生を通じて支えでした。

「精神的に本当に苦しい時期がありました。
音楽だけが助けになりました」

多くの神経多様性を持つ人々が音楽で支えを見出していると、ある自閉症チャリティのCEOは言います。

「音楽を作ることは誰にとっても素晴らしい自己表現の形ですが、特に神経多様性を持つ人々にとってはそうです。
なぜなら、それは感覚や認知プロセスを活性化し、コミュニケーションを支援するからです」

脳に関連するあらゆる形の状態を持つ人々を支援する団体、The Brain Charityのピッパ・サージェントは言います。
ピッパは、定型発達の人々のために作られた世界では、効果的なコミュニケーションは難しいかもしれない。
しかし、音楽は神経多様性を持つ人々にコミュニケーションの手段を提供し、必ずしも話し言葉に頼る必要がないことを示すと言います。

「音楽に参加することがポジティブなメンタルヘルスを支援し、不安を減少させることを示す研究も豊富にあります」

しかし、自閉症を持つアーティストとしてのリックスの経験は複雑です。

「自閉症と音楽が役立つこととそうでないことのバランスがあると思います」

歌詞を書くことは難しいかもしれません。
なぜなら、言葉を決めるのに時間がかかるからです。
しかし、リックスこう付け加えます。

「パターンを認識することは私の自閉症の一部なので、フローやそれらをどう切り替え、どうセットアップするかは、それが関係しています」

しかし、彼女が意識しているのは、アーティストが受ける注目です。

「自閉症があるために、普段は怒っているように見られることが多いです。
でも、話し始めると笑顔になります。そして、私はとても単純なんです」

結果として、人々はリックスのことをが無礼だと思うことがあります。

「だから、公の場に出るときは、そういった心配をしなければなりません」

しかし、番組がリックスにもたらした最大の贈り物の一つは、自分自身に対する新たな評価かもしれません。

「自分自身を誇りに思っています。
もし去年の自分だったら、やらなかったと思います。
人々が自分について何を考えるかを心配しすぎて、怖すぎたと思います」

音楽業界に入る人へリックスはこうアドバイスします。

「自分自身を信じ、何よりも自信を持つことです」

(出典・画像:英BBC

音楽には本当に力があります。

うちの子も小さな頃から音楽は大好きです。

笑顔を作ってくれます。体をたくさん動かしてくれます。

自閉症の子どもたちの「内受容」スキルも促進する音楽療法

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。