発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

ゲームに惹かれる自閉症の人にとって自分が表現されている重要性

time 2022/09/18

この記事は約 5 分で読めます。

ゲームに惹かれる自閉症の人にとって自分が表現されている重要性

ここ数年、ゲーム開発者は表現がいかに重要であるかを意識するようになりました。
多様な人種、性別、セクシュアリティのキャラクターが、人気のゲームの最前線に登場することが多くなってきました。
しかし、ある少数派は見落とされているようです。
ニューロダイバーシティ、とくに自閉症スペクトラムの人たちです。

UKIE Games Industry Census 2022よれば、ビデオゲーム業界では、働いているニューロダイバージェントの割合は高く、アンケート回答者の18パーセントが発達障害をかかえていると述べています。
ゲーム業界は、そうした従業員を受け入れることに前向きですが、ビデオゲームに登場する自閉症のキャラクターはまだ多くはありません。

AutisticaのAutistica Playプログラムのリーダーであるアリス・クーパーはこれが変わることを願っています。

「自閉症のゲームキャラクターの表現はまだ十分ではありません。
まだ長い道のりがあります。

ゲームの『オーバーウォッチ』のキャラクター、『シンメトラ』が自閉症であるというファンの説を開発者が確認するまでにも時間がかかりました。

これは、表現が最初から明確で誇り高いものでなければならないことを強調しています。

ゲームのキャラクターが自閉症である場合、ステレオタイプな行動で暗示されるのではなく、明確に表現されるべきです。
自閉症の人たちは、まさに『人』なのです。

さまざまなアイデンティティ、性格特性、人生の一面を持つのが人間であり、その中の一つが自閉症であることです。
自閉症の人たちは、ステレオタイプの行動や態度の集合体としてではなく、完全な人間として表現される価値があるのです」

g1-1 ゲームに惹かれる自閉症の人にとって自分が表現されている重要性

自閉症のキャラクターが少ない理由のひとつは、開発者が自閉症について理解していないため、自閉症のアイデンティティがうまく表現されていないか、まったく表現されていないことにあると思われます。

自閉症がどのような状態であるかをプレイヤーに見せようとするのではなく、自閉症に関連するステレオタイプを使用するゲームが多くあります。

Autistica Playのアンバサダーであるドム・ショーは、ゲーム開発者が自閉症の人たちをより尊重した方法で表現する方法を説明します。

「あるコミュニティを表現しようとするとき、そのコミュニティと話をしないのであれば、そのコミュニティが何であるかさえわかりません。
それをしていないのなら、その時点ですでにそのコミュニティを表現していないことになります。

しかし、ゲームの開発の中で、最低でも20人と話すことができれば、その20人のインタビューを通して、そのコミュニティを代表することができるのです。

なぜなら、その20人のインタビューを通して、共通の特徴を集めることができるだけでなく、より多くのキャラクターを作ることができるのです。

Autisticaのような組織や、自閉症の人たちと働いている他の組織と話をして、彼らや家族、支援者にインタビューをして、より大きなイメージを得ることができます。
英国のゲーム開発者は、Autisticaにアクセスして、どうすれば自閉症をうまく表現できるかを探さない手はありません」

自閉症の表現が足りないために、自閉症の人を風変わりなキャラクターとだけしてしまっています。
そして、その奇抜さや社会的無能さをジョークのネタとして利用されるキャラクターになります。
このことは、ゲームにおいて、自閉症をどのように尊重し、真正に表現できるかという問題を提起します。

クーパーは、ゲーム開発者が自閉症の人をより理解するために、自閉症の人を巻き込むことがいかに有効であるかを語ります。

「自閉症の人はひとりひとり違います。
ゲームに登場する自閉症のキャラを忠実に表現するためには、ゲーム開発者は自閉症の人を巻き込む必要があります。

自閉症のゲームキャラクターの開発には、クリエイティブなプロセスやプレイテストの一環として、自閉症の人たちを受け入れる必要があります。

例えば、Autisticaには約250人の自閉症の人とその家族で構成されるオーティスティカ・インサイト・グループがあります。
彼らは、私たちの研究が自閉症コミュニティの優先事項を確実に反映できるように、私たちと協力しています。

自閉症の人たちとのコラボレーションや共同制作によって、ゲーム開発者は自閉症のキャラクターを尊重し、忠実に書くことができるようになります。

それは、自閉症の人たちを、馬鹿にされるような特徴や行動の集合体ではなく、自閉症ではない人たちとは異なる世界を経験しているからこそ、世界に多大な貢献をする実在の人物として見てもらえるようにすることにつながるのです。

ビデオゲームに惹かれる多くの自閉症の人たちが、自分自身が表現されていることはとても重要なことなのです」

g3-1 ゲームに惹かれる自閉症の人にとって自分が表現されている重要性

ショウは、自分自身を含む数多くの自閉症の人にとってのビデオゲームの重要性について語りました。

「自閉症スペクトラムと同じように、ゲームへの思いは人それぞれです。
しかし、明らかに共通の特徴があります。

自閉症の私の経験から言うと、ビデオゲームはインタラクティブで魅力的です。
ただ聞くだけでなく、ただ書くだけでなく、実際に参加することで、真の意味で関与することができるのです。
一方通行ではなく、アウトプットとインプットの両方があるのです。

他の多くの製品に比べ、ゲームでは、自閉症の人も関わることができます。

ビデオゲームは、文字通り、説明することも、一時停止することも、何かをすることも、一時停止を解除して戻ってくることもできます。
ビデオゲームでは、より多くのことをコントロールし、より多くのことを行うことができます。
それが、自閉症の人たちがゲームに引き寄せられる大きな理由だと思います。

現在、ビデオゲームのキャラクターで自閉症の人を表現することはあまりありませんが、それは希望がないということではありません。

人種やセクシュアリティ、ジェンダーの違いによる表現が増えたように、ゲーム開発者にとっても、本物の自閉症キャラクターをうまく作るチャンスです。

正しい姿勢と研究があれば、ゲーム開発者誰でも自閉症スペクトラムの人たちが自分自身を見ることができるキャラクターを作ることができるのです」

(出典:英Games Industry)(画像:ブリザード オーバーウォッチ

説教くさくなく、楽しくいろいろゲームでは学べます。

世界には自分と違ういろいろな人たちがいる。

自分と同じような人がこんなにも活躍できる。

そんな当たり前のことの理解もゲームは広げてくれるはずです。

スマホやゲームを長くすると自閉症に。そうした研究の問題とムダ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「渡ろうよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。