発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害、自閉症のジャーナリストにとって、それはメリット

time 2022/03/03

この記事は約 5 分で読めます。

発達障害、自閉症のジャーナリストにとって、それはメリット

自閉症の診断では、自閉症の人が得意なことよりも、できないことに焦点が当てられることが多いようです。
しかし、自閉症のジャーナリストにとっては、自閉症にはメリットがあります。
フリーランスのジャーナリストであるリディア・ウィルキンスはこう言います。

「自分の障害は自分の強みであり、より良いジャーナリストにしてくれると信じています。
私の師匠は、強迫観念があることは財産であり、それは物事の真相を突き止めることができるということだから、恥じることはないと言ってくれました」

ウィルキンスは自閉症です。
自閉症スペクトラム(ASD)は、誤解や偏見を持たれがちな発達障害です。
自閉症の一般的な特徴は、感覚過敏の増加、社会性やコミュニケーションの困難、興味や趣味への強いこだわり、変化を管理することの難しさ、反復的な行動などです。

自閉症のジャーナリストに特化した研究はありませんが、自閉症の学者エイミー・グラントとヘレン・カーラは、2021年に自閉症の研究者の強みに関する研究を発表しています。
彼らは「自閉症による強み」を言い、自閉症の人たちが自分たちの存在が資産となる方法を強調しています。

自閉症の脳は、超可塑性(新しい神経経路を生成するという形で、より高いレベルの適応性)が高まっており、創造性、学習、記憶に影響を与え、既成概念にとらわれない思考ができるようになるのだそうです。
また、自閉的な人々は、コミュニケーションにおいてより直接的で正直である傾向があり、高い忠誠心と共感性を持ち、これらは様々な状況において望ましい特性となります。
多くの自閉症の人は細部へのこだわりが強く、興味のある話題の領域について詳しい知識を持ち、しばしば過集中(長時間の集中)します。
これは、自閉症のジャーナリストにも見られます。長所です。

j3 発達障害、自閉症のジャーナリストにとって、それはメリット

英インディペンデント紙のワシントン上級特派員、エリック・ガルシアは、子どもの頃に自閉症と診断されました。

「もし私が自閉症でなかったら、これほどあるトピックに焦点を絞ることはできないと思います」

ウィルキンスは、難しい、社会的に受け入れられない質問をすることが、自閉症のジャーナリストである自分には容易だと言います。
彼女は、他の人が「あえて」しないような質問をよくします。
過集中で、文書や人をよく分析することも得意です。

メディアで働く発達障害の人たちのためのFacebookグループ、The Neurodiverse Media Communityのメンバーは、自閉症であることが、「実に優れた戦略的かつ創造的なアプローチ、つまり私はストーリーと徹底的につながり、取材対象者と真の関係を築く」ことを与えてくれると述べています。
また、30年間レポーターをしているメンバーは、他の人が見落としている小さなことに隠された大きなストーリーを見抜くコツをもてると言っています。

英BBC Radio 4のリサーチャーであるドリュー・ハインドマンも、考え方の多様性がニュースルームを良くも悪くもすると言っています。

「私の脳は、発達障害でない人とは異なる質問を常に考えているのです」

多くの発達障害の人が職場で問題を抱えています。
それは、ジャーナリズム業界も例外ではありません。
面接や応募の段階から提供されるべき合理的な調整を得るのは難しいかもしれません。
この段階で発達障害を開示すると、特に自閉症に関するスティグマや固定観念のために、容易ではなくなることがあります。

j2 発達障害、自閉症のジャーナリストにとって、それはメリット

では、自閉症のジャーナリストが活躍するために、雇用主、編集者、同僚は何をすればいいのでしょうか?

コミュニケーションが重要です。
直接的で、婉曲的に話さず、明確な指示を出すことです。
ジャーナリズムの世界では、指示や期待、締め切りが前提になっていることがよくあるとハインドマンは言います。
同僚が物事を明確にするために特別な手段を講じることは、

「異なるアイデアや考え方を持つ勤勉なジャーナリストにとって、非常に多くの報酬を得ることになるでしょう」

とハインドマンは述べています。
例えば、会議の前に議題を回覧するなど、口頭でのコミュニケーションを書面で補うのです。

最も重要なポイントのひとつは、たとえ自閉症の人の問題や悩みが、あなたの自閉症に関する予備知識と一致しなくても、その人の言うことに真剣に接することです。

自閉症の人は自分自身の神経学の専門家です。
コミュニケーションや感覚のニーズについて尋ね、可能な限り彼らに会いましょう。
透明性を保ち、協力的であること。
自閉症の人の要望は、発達障害でない人には「あったらいいな」程度に感じるものかもしれませんが、自閉症の人が能力を最大限に発揮するためには、本当に必要なことである可能性が高いのです。

自閉症であれば能力が低いと決めつけないでください。
確かに脳の働きは違いますが、仕事をする上で劣っていたり、悪いわけではありません。
彼らを幼稚化したり、先生のように彼らの上に立ったりせず、彼らが仕事を完了するために手助けやより多くの時間を必要とする場合には、オープンでいてください。

もしあなたが編集者であれば、あなたの出版物を、美しく善く、見せるためだけに、発達障害の人たちに依頼はしないことです。
また、発達障害の人が仕事に向かないと決めつけないことです。
発達障害、自閉症のジャーナリストは、どんなニュースルームや編集チームにとっても財産となる強みをたくさん持っています。

(出典:英journalism)(画像:Pixabay

発達「障害」と区分される状態であっても、むしろそれを強みにご活躍する方もいらっしゃいます。

誰かの間違った考えや、貧しい優越感の維持のために、そうなれる機会がつぶされることはない社会であることを願います。

発達障害でないように振る舞う訓練はしない。スペシャリスタン

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「たっちたっち、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。