発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の少年が記憶を頼りに、重さ7キロのタイタニックを完成

time 2022/03/09

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の少年が記憶を頼りに、重さ7キロのタイタニックを完成

タイタニックファンのルイ・パーカーは、YouTubeで映像を見た後、記憶を頼りに全長1メートルの船の模型を作りました。

数千個のプラスチック・ブロックを使った7kgの作品となりました。
10歳の自閉症のルイは、わずか3週間でこれを完成させました。

ルイは、自分が作り上げたこの模型を学校の仲間に見せたり、プールで沈没を再現したいと考えています。

t3 自閉症の少年が記憶を頼りに、重さ7キロのタイタニックを完成

ルイの母親のシェリーはこう言います。

「息子は家に変えるとすぐに取りかかり、寝るまでずっと作業をしていました。
ブロックをたびたびを買い足さなければなりませんでした。

タイタニックが息子は大好きなんです。
映画を見て、それから、いつもYouTubeを見ています。

息子はとても記憶力がいいんです。
最初は鉄道が好きで、小屋に自分の鉄道模型を作っていました。
その後に、船に目覚めたんです」

t2 自閉症の少年が記憶を頼りに、重さ7キロのタイタニックを完成

ルイはこれからも、レゴで他の有名な客船も作りたいと考えています。

「ルシタニア号、クイーン・メリー号、クイーン・エリザベス号にとても興味があるんです。
でも、ルシタニアは複雑すぎるかもしれないので、他の船か、もっと大きなタイタニックを作りたいです」

(出典・画像:英Devon Live

夢中になって取り組める。

まして、こんなふうにかたちになるものであれば、完成したときの喜びは親も大喜びです。

こんな夢中になれること、一緒に見つけたいですね。

レゴ療育で子どもたちは希望に満ちのびやかで幸せな気分で帰れる

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「珍獣扱いされてるぞ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。