発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

新型コロナによる休校の時間に、自閉症の少年が始めたビジネス

time 2022/04/02

この記事は約 2 分で読めます。

新型コロナによる休校の時間に、自閉症の少年が始めたビジネス

新型コロナウィルス感染拡大で休校になっていたときに、ある少年はその時間を利用してビジネスを立ち上げ、成功しています。

ドム・ベネットは、自宅の地下の作業場で鳥の巣箱を作ることに情熱を燃やしています。

「人と鳥を幸せにするために作っているんです」

ドムは、新型コロナウィルスの感染拡大のころから、先生や家族、友人のために巣箱を作り始めました。

b5 新型コロナによる休校の時間に、自閉症の少年が始めたビジネス b1 新型コロナによる休校の時間に、自閉症の少年が始めたビジネス

それが評判になり、ビジネスにすることにしました。
その名も「ドムの巣箱」

「売れば儲かるかもしれないと思ったんです。それで、バードハウスのビジネスを始めようと思ったんです」

3歳半で自閉症と診断されたドムは、これまでに約130個を作り、販売しています。

「人にあげたら、鳥が巣箱に入ってきたと言っていました」

b2 新型コロナによる休校の時間に、自閉症の少年が始めたビジネス b3 新型コロナによる休校の時間に、自閉症の少年が始めたビジネス

母親のレベッカ・ベネットは、ドムは木工や手仕事が大好きで、自閉症スペクトラムの子どもや若者にとって素晴らしいお手本になっていると言います。

「私たちはドムのことをとても誇りに思っていますし、彼がやってきたことをとても誇りに思っています。

(出典・画像:米BOSTON25 NEWS

ピンチはチャンス。

まさにそんなところだと思います。

仕事になるくらいの大好きなこと、一緒に見つけられたらいいですね。

自閉症の息子は大好きなパン作りを徹底的に研究しビジネスにした

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「うれしいんだよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。