発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の女性はチアリーディングで「できる」ことを証明した

time 2022/04/19

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の女性はチアリーディングで「できる」ことを証明した

多くの人が「できない」と言うかもしれない世界で、若い女性は「できる」ことを証明しています。

ハードルを越える、チャレンジ、忍耐がシエラ・ファリスを2つのチアリーディング大会に導いています。

トレーナーのデビッド・コーン・ウォルデンはこう言います。

「彼女はただ、自分ができるベストを尽くしたいと思っています。
それが彼女の自然な姿なんです」

ファリスは7年ほど前に、ジェーンズビル・クレイグ高校のスパークル・チアという特別支援を必要とするアスリートのためのプログラムを通じて、チアリーディングの楽しさを知りました。

c8 自閉症の女性はチアリーディングで「できる」ことを証明した c7 自閉症の女性はチアリーディングで「できる」ことを証明した

母親のトリシャはこう言います。

「娘はチアリーディングについて話し、テレビで見て、YouTubeで見つけて…もっともっと学びたい、もっともっとうまくなりたいと思ったんです。
もっと学びたい、もっとうまくなりたい、もっとうまくなりたいと。
今までこんなに娘の興味をかき立てるものはありませんでした」

自閉症のファリスは、最初は前転すらできませんでした。
しかし、決意とコーンコーチの助けにより、ファリスは見事に成功しました。

c2-1 自閉症の女性はチアリーディングで「できる」ことを証明した c5-1 自閉症の女性はチアリーディングで「できる」ことを証明した c6-1 自閉症の女性はチアリーディングで「できる」ことを証明した

ファリスの人生には、常に「どこに所属すればいいのか」という悩みがつきまとってきました。
今ではファリスは、その意欲と技術、そしてスポーツへの愛情から、今月オーランドで開催される全米チアファイナルに統一チームUSAとして出場することが決まっています。

c3-1 自閉症の女性はチアリーディングで「できる」ことを証明した c1-1 自閉症の女性はチアリーディングで「できる」ことを証明した

母親のトリシャはこう言います。

「私は泣いてしまうことがよくあります。
最近の大会はとても大きなもので、私の子どもやチームの他の子どもたちを知らない何千人もの人々が、アリーナ全体が私たちの子どもたち全員のために応援してくれます」

(出典・画像:米CHANNEL3000

大好きなことを見つけられて本当に素晴らしいことだと思います。

ますますご活躍頂きたいと願います。

発達障害の男性は困難に負けずに大好きな着ぐるみで活躍を続ける

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「通だね、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。