発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子どもたちがドラゴンボートで大きく成長していく

time 2022/06/29

この記事は約 3 分で読めます。

自閉症の子どもたちがドラゴンボートで大きく成長していく

カナダのオタワ・ドラゴンボート・フェスティバルが新型コロナによる2年間休止期間を経て復活し、リドー川ではあるチームがスピードと金メダル以上のものを目指して船を漕いでいました。

波を滑るように進むボートの中には、自閉症スペクトラムの子どもたちのためのスポーツとレクリエーションの慈善団体、オーソメ・オタワのチームも含まれていました。

自閉症や難病の子どもたちのために作られたスポーツイベントが少ないことから、この団体は地域社会においてギャップを埋めようと活動しています。

「一般の人向けのスポーツは、私たちの子どもたちには向いていないことがあります」

そう、この取り組みのスーパーバイザーであり、長年のスタッフでもあるケイラ・ガーベイは言います。

「私たちが運営するこれらのプログラムは、私たちの子どもたちに合うように作られています。
私たちは、子どもたちを変えたいとは思いません。
コーチが典型的な型にはめようと求めることはないようにしています」

ドラゴンボートのレースでは、保護者や関係者もボートに乗り込み、スタッフが声援を送るなどして、応援することが許可されています。
もし、ボートに乗っている人が、自分の思い通りにならないことに腹を立てたとしても、チームは一旦呼吸を整え、気持ちを落ち着かせてから、水の中を突き進むようにしました。

「スーパーヒーローの力」を使ってもっと強く押すように言われると、がんばる子どもたちもいました。

「ドラゴンボートは特別な環境です。
ベストを尽くして、仲良くやっていくしかありません」

チームのコーチであるアンドレア・ニコルズは、ボートに乗る子どもたちはいつも言葉でコミュニケーションをとるわけではなく、時には身体的な合図に頼ることもあると言います。

レース当日を前にニコルズは、完走するだけでなく、これまでのタイムを更新することが目標であると語りました。

「レースで勝つことが目的ではありません。
一緒にいること、チームであること、練習したことを実行に移すことです」

d2-3 自閉症の子どもたちがドラゴンボートで大きく成長していく

ボートを漕ぐ息子のフィンを手伝っているトーリ・ハモはこう言います。

「息子は大きく成長できるか、ただ漕いで家に帰ってくるのか。
そう思わなければ、成長できません」

ドラゴンボートの前方に座るローガン・ライアンは、チームの重要な一員であることを実感しています。
母親のニーナと2人で、後続の選手のペースメーカーとなっています。

「私は誇りを感じています。自分はできるんだ。自分が何かを成し遂げられるような、誇らしい気持ちになります」

母親のニーナはこう言います。

「彼らは、自閉症の子どもたちを指導するコツを知っています。
私は息子をとても誇りに思います」

(出典・画像:カナダCBC

一緒に漕いで、進めば、楽しく一緒に成長していることを実感できそうです。

親も一緒に乗れるのはいいですね。

自閉症の青年は親子で準備し、160キロメートルマラソンを走破

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「くっつけ!ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。