発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症であることをいつ、どう子どもに伝えるか。3つのヒント

time 2022/11/23

この記事は約 6 分で読めます。

自閉症であることをいつ、どう子どもに伝えるか。3つのヒント

認知が高まり、米国では50人に1人が自閉症の診断を受けるようになりました。
これまでより多くの家族が、いつか自分の子どもとこの情報を共有することになります。
なかには、そうすることで子どもに「レッテル」を貼ってしまったり、他人から違う扱いを受けてしまうのではないかと心配する親もいます。

自閉症は、社会性、コミュニケーション、情報処理(思考、感覚、調節を含む)の違いとして現れる発達障害です。
自閉症であると早期に発見されればされるほど、支援やサービスも早期に提供されます。
これは、子どもと家族にとってより良い結果をもたらします。
これらの利点は、診断について話すことによっても得られます。

しかし、その会話を始めるのに最も良い方法は何でしょうか?
そして、子どもは何を知る必要があるのでしょうか?

自閉症を早期に発見することで、親や専門家は、子どもがどのようにコミュニケーションをとっているのかをできるだけ早く知ることができます。
そして、その子のコミュニケーションスタイルに合わせ、重要な日常生活スキルを身につけられるようにします。

自閉症の子どもを他の人に合わせて「変える」「直す」ことに焦点を当てるのではありません。

受け入れることを奨励する方が良いと考えます。

偏見やレッテルを貼られることを心配する親もいるかもしれません。

自閉症のコミュニティでは、親が診断について話し合うかどうかに関係なくレッテルを貼ることがあると報告されています。
それはむしろ、「変な人」「変な人」といった有害なレッテルの形をとることがあります。
実際、他の人は、誰かが自閉症であることを知らない場合、否定的な第一印象を持つ可能性が高くなります。

また、親は、子どもが診断を理解する「準備ができている」と思えるまで待つ必要があると考えるかもしれません。

blank
しかし、これでは、診断から何年もたってから自分が自閉症であることを知ることになり、恥の感情を煽ってしまうことになりかねません。

できるだけ早く自分が自閉症であることを伝えることに、いくつかの利点があります。

調査によると、両親が自閉症であることについてオープンに話していた場合、そうでない場合と比較して、10代になった子どもは自分自身についてより肯定的に話すことが分かっています。

このような会話を早くからしていれば、自閉症の人は大人になってからの生活の質と幸福感が向上します。

より早い時期に自分自身を理解することで、自閉症の子どもは力を得て、自分自身を擁護し、より早く支援やサービスを受けられるようになる可能性があります。

また、診断にまつわるオープンな話し合いは、「コミュニティを見つける」機会も早く提供します。
自閉症の人の中には、他の自閉症の人とつながることで、理解され受け入れられていると感じると言う人もいます。
肯定的なアイデンティティと自尊心を高めることにつながります。

親への3つのヒントをお伝えします。

blank

1.自分の気持ちを確認する

まず、診断にまつわる自分の気持ちがどこにあるのかを確認しましょう。
まだ、子どもや家族にとって新しい道であることを受け入れている最中かもしれませんし、そのために、悩んだり感情的になったりせずに話し合いをすることが難しいかもしれません。

あなたがどのように受け入れているとしても、この話題を子どもに話すときには、あなたが前向きな気持ちでいることが大切です。

まだ準備ができていない場合は、自分の感情を整理しながら待つこともできます。
しかし、子どもが他の子どもとの違いについて質問し始めたら、あまり長くは待てないでしょう。

 

2.日常会話で意識付けをする

私たちは、保護者や介護者が日常生活の中で自閉症について話すことから始めることをお勧めします。
もしお子さんがまだ幼く、あまり話したりコミュニケーションをとったりしないのであれば、テレビに出てくる自閉症の人、たとえばセサミストリートのジュリアなどを使うことができます。

「ジュリアは、あなたがときどき必要とするように、静かな時間を必要としているのがわかった?
ジュリアは、あなたと同じ自閉症なんだよ」

年長の子どもたちや10代の子どもたちは、世界が多様であることをすでに知っています。
異なる文化的背景を持つ同級生や隣人がいたり、LGBTQIA+コミュニティの友人や家族がいたりするかもしれません。
神経多様性、ニューロダイバーシティの一部として自閉症について議論を始めることができます。
たとえば、次のように言うことができます。

「文化や性別の表現方法が違うように、脳にもいろいろな種類があるんだよ」

 

3.良い時間を選ぶ

たとえば、朝、昼寝の後、お風呂の時間、寝る前の読書など、気持ちを落ち着かせ、リラックスできる時間帯に、自閉症について日常的に話すようにするとよいでしょう。

年長の子どもや10代の子どもに自閉症であることを明確に伝える場合、は休み時間などいそがしくない時間に行うとよいかもしれません。
学校や他の活動で忙しくない時の方が、子どもにとって新しい情報を取り入れやすいかもしれないからです。

しかし、多くの自閉症の子は、自閉症であることが何を意味するのかを十分に理解することができないかもしれません。
重い知的障害を持つ自閉症の子どもや、まだ言葉を使ったコミュニケーションができない自閉症の子ども、あるいは支援技術を使えない自閉症の子どもなどがいるでしょう。
それでも、そのような子どもたちの親は、彼らが全く理解できないと決めつけない方がよいです。
このような会話は、すべての自閉症の子どもの日常生活の一部であるべきです。

自閉症を否定的な言葉(「欠陥」や「症状」といった言葉)ではなく,中立的な言葉(「違い」や「課題」など)を使って表現した資料をお勧めします。

そして専門家が開発した資料を読むだけでなく、親は自閉症の子どもの生活体験から多くを学ぶことができます。

blank

最終的には、すべての子どもたちが自分自身とその違いを受け入れ、自分が何者であるかを喜んでくれることを望みます。
しかし、これは社会との双方向の関係の結果となります。

社会もまた、人と違っていてもいいのだと受け入れる必要があります。

これは、両親や保護者、そして子どもたちと彼らの違いについて早い段階で話し合うこと、そして神経学的な構成に関わらず自分自身を受け入れることから始まるものです。

(出典:米THE CONVERSATION)(画像:Pixabay

うちの子は発達障害、自閉症です。知的障害もあり話すこともありません。

なので、伝える、伝えないのレベルではないので私はこうしたことで悩むことはありませんでした。

しかし、悩む親は多いと思います。

そうであれば、このアドバイスのとおり、早くから共有したほうが、親子ともに余計な負担を減らし良いように思います。

自閉症の子の親の多くが無知な質問に直面。こんな質問しないで

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「通だね、ねっちさん」
ねっちさん2
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。