発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子どものパニックを事前に予測し教えるブレスレット

time 2022/11/27

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症の子どものパニックを事前に予測し教えるブレスレット

自閉症の人は感覚の過負荷で、極度の混乱、パニック、フラストレーションを感じることがあります。
しかし、このような感情を両親、保護者、教師などの周囲の人に伝えることができないため、より困難な状況になることがよくあります。

親ほど子どものことをよく知っている人はいませんし、危機的な状況で手を差し伸べて、迫りくるパニックに対処する手助けができるのは親だけですが、ときには親でさえもつらい思いをすることがあるのです。

変化し続ける世界では、きっかけはどこからともなくやってくるもので、自閉症の子どもの一歩先を行くことは不可能です。
万全を期し、綿密な計画を立てたと思ったとたん、予想しなかったことが起こります。
たとえ、保護者がその変化をすぐに理解できなくても、自閉症の子どもにとってはストレスになりかねません。

blank

このブレスレット「Abrace」は、そのような状況を正確に予測し、迅速に警告を発し、保護者が子供への理解を深めるために作られた素晴らしいツールとなります。

Abraceは、自閉症児のためのスマートブレスレットで、保護者が子どもの感情的興奮を認識し、調節することを支援します。
AIを利用し、60〜90パーセントという高い精度で、感情的な興奮のレベルと理由を判断することができます。

Abraceは、10分前までに感情の爆発が増加することを予測し、パニックになってしまうことを保護者が防止することを可能にします。

自閉症の子どもを育てたことのある親や介助方なら誰でも、子どもが感覚が原因でパニックを起こすこと、そしてそれがいかに早く起こるかを経験したことがあるはずです。

Abraceは、事前に推測し迅速に行動をとることを可能にします。
ブレスレットは常に学習しており、子どもがパニックを起こす場合のパターンや原因をよりよく把握します。

blank

Abraceは皮膚電気活動(EDA)を捉え、Abraceシステムにさまざまデータを提供します。
現在あるセンサーよりも進化したもので、Abraceは5つの異なる生理学的パラメータを取得し、より正確なデータを獲得します。

人はストレスを感じると、体内のさまざまなパラメータが変化します。
この変化は、センサーが記録する皮膚電気活動(EDA)に影響を与えます。
センサーからのデータは、AIによって処理されます。
AIは、特定の人間を学習し、適応させることができるため、Abraceはほとんどすべての人にフィットするようになります。
これらの指標を分析した後、AIはモバイルアプリケーションにリアルタイムで情報を送信します。
親や介助者はその情報を見ることで、子どもに必要なサポートを提供することができます。

blank blank

Abraceの開発には2年かかっています。
いくつかのバージョンのプロトタイプを開発しました。
最初のバージョンでは、古典的なセンサーが使用されましたが、テストの結果、多くの問題が明らかになり、新しい技術の開発につながりました。
この新技術をベースに、さらにいくつかのプロトタイプが開発されました。
いくつかの段階を経たテストを行っています。

  • 心理物理学者を交えたラボテスト
  • 18〜25歳の成人30名に対するテスト
  • ASDの子どもたちのリハビリテーションに携わる専門家の協力を得て、108人の子どもたちを対象にしたテスト

テスト終了後は、小型化したデバイスの開発に移りました。
実際のパニックを想定した、科学的に有効なさまざまな刺激的な条件でのテストも行っています。

blank blank

この風洞実験では、最新の治療技術とストレス環境をシミュレートしたもので、子どものさまざまな状態からデータを収集しました。

私たちは、科学的な根拠に基づいて製品を開発することが非常に重要だと考えています。
米ミズーリ大学と米バッファロー大学の科学者チームが行った2019年の研究では、記録された問題行動の全エピソード、全生徒の平均で、問題行動を起こす前に皮膚電気活動の上昇が60パーセントの確率で見られ、最大では89パーセントの確率となりました。

blank blank

Abraceは自閉症の子どもたちやその親の生活を少しでも楽にできる、本当に重要な製品になるはずです。

(出典・画像:米KICKSTARTER

もう大きくなりましたが、うちの子も突然爆発します。

もうずっと一緒にすごしているのに、親であっても、予測できないことがよくあります。

これは、素晴らしいデバイスになるではないでしょうか。

現在KICKSTARTERで、クラウドファンディングが行われています。

米KICKSTARTER Abrace: smart bracelet for kids with autism

期待しています。

話すことができない自閉症の人のストレスを「汗」で知る研究

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「すごく揺れてるぞ、ねっちさん」
ねっちさん2
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。