発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の孫のためにおじいちゃんが作ったプーさんの小さな寝室

time 2022/12/25

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の孫のためにおじいちゃんが作ったプーさんの小さな寝室

おじいさんが、孫の安全を守り、そして孫のお気に入りとなった特別な寝室を作りました。

「自閉症などの子どもには、安全なベッドが必要です」

そう、その空間を紹介する動画をSNSに投稿しました。
孫の健康状態を考慮しながら、「くまのプーさん」とその仲間たちが描かれたかわいらしい壁画が描かれた、心地よい空間です。

動画は、まず部屋の奥に向かって歩くことから始まります。

ロバのイーヨー、トラのティガーが出迎えてくれます。

ドアを開けると、青い光が差し込む楽しめる空間がそこにはあります。

blank blank blank
また、必要であれば、ヒンジで固定された壁全体をドアのように開けて、全体を開くこともできます。

その小さな部屋には、特注のスペースにぴったりのベッドがあります。
壁にはプーさんの家のインテリアなどが描かれています。
キッチンテーブルの上にはハチミツの入った鍋があり、窓からは草原の風景が広がっています。

ベッドはキャスター付きで、この閉ざされた空間から引っ張り出すこともできます。

このベッドが緊急時でも安全であることを確認するために、地元の消防署に相談しこのベッドの小部屋を見てもらい、意見ももらっています。
さらに、さまざまな研究を重ね、複数の火災検知システム、CO2モニタリング、アラーム、温度モニタリング、カメラなども導入してあります。
寝具としては、米国政府の基準を満たすものとなっており、すべての素材に難燃加工も施されています。

blank blank blank

このベッドの小部屋の投稿動画には、ポジティブなコメントが集まりました。

「孫はまだあなたの努力を十分に理解できないかもしれませんが、あなたが彼のために作ったこの美しいものに、いずれ感謝の意を示してくれるはずです」

「私はネット上の見ず知らずの自閉症の当事者です。
あなたがしてくれたことにとても感謝します。
お孫さんは想像できないほど喜んでますよ」

(出典・画像:米MY MODERN MET

本当に素晴らしいです。

たくさんの機能以上に、安全への配慮もされて、まったく素人仕事ではありません。

お孫さんはどれだけうれしいでしょう。

大きくなるにつれて、ますますおじいちゃんが大好きになるはずです。

「こんなに長く眠ったのは何年ぶり」自閉症の子のカプセルベッド

(チャーリー)


安心できる、落ち着ける。たーとるうぃずの重いひざかけ
blank

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「ありがたやねっちさん」
ねっちさん3
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。