発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

30歳の自閉症の人も3歳の子も、馬がコミュニケーションを改善

time 2023/05/29

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

30歳の自閉症の人も3歳の子も、馬がコミュニケーションを改善
  • 乗馬療法は、人々のコミュニケーション能力にどのような影響を与えるのだろうか?
  • 馬とのつながりが、自閉症やコミュニケーションの課題を抱える人々にどのような効果をもたらすのだろうか?
  • 乗馬セラピーは、身体的な成長だけでなく、参加者の社会的、感情的な成長にどのような影響を与えるのだろうか?

親たちは、1回の乗馬で子どもの人生が変わると言います。

自閉症と認知の課題を抱える30歳のキップは、2017年からここセントチャールズで、ホースパワー治療乗馬のプログラムに参加しています。
キップの協調性や体幹の強さが向上しただけでなく、言葉を話せない息子にとって、ある大きな突破口が開かれたと母親は言います。

「息子はつい最近、初めて指差しで選択をしました。
指差しは簡単なことだと思うのですが、信じられないかもしれませんが、息子にとってはそうではないのです。

コミュニケーションは、常に大きな課題でした。
ここは、息子にとって、コミュニケーションができる初めての場所です」

2012年に設立された「ホースパワー・セラピック・ライディング」の目的は、3歳から80歳までの、身体的、認知的、社会的、感情的な課題を持つ人たちを支援することです。

11歳のベンジャミン・ソベラノは、5年ほど前からここに来ています。
自閉症で、言葉を話すことができません。
父親はこう言います。

「不安も多く、コミュニケーションにも問題があります。
息子はここに来て馬に乗るのが大好きです。
馬とは心がつながっているようです。
どの馬に乗ろうとも。どの馬に乗っても、息子と馬がつながっているように見えます」

3歳のマーゴもそうです。
乗馬を始めてから約8カ月になります。
マーゴの母親はこう言います。

「涙が出そうです。
馬に乗っているときの娘の笑顔、インストラクターやボランティアとのつながりが見えます。
ボランティアたちが自分の時間を捧げてくれていて、親としては本当に感謝しています」

ジェーン・キャラハンはそのボランティアの一人です。

「私たちも涙が出るほど感動します。
私たちは、子どもたちを愛し、親たちを愛するようになりました。
毎回、子どもたちの様子がとても気になるんです」

セラピーは乗馬にとどまりません。
ロバやヤギも、ミニホース、アヒル、ニワトリ、犬もいます。

利用者は少額のレッスン料を支払います。ラ
多くは、寄付金で支えられています。
エグゼクティブディレクターぼバーバラ・オニールはこう言います。

「身体的な成長だけでなく、参加した人たちの社会的、感情的な成長を見ることは、私たち全員にとって素晴らしいことです。
彼らの人生に変化をもたらすことは、私たちにとってもすごく重要なことなのです」

(出典・画像:米CBS CHICAGO

うちの子も小さな頃に2回ほど馬に乗せたことがあります。

それはそれは、とても楽しくて、うれしそうな笑顔を見せてくれたことを思い出します。

乗馬療育は社会性とコミュニケーションに良い効果。研究

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。