発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

増加する発達障害の子たちの健康を守ろう。WHO/ユニセフ

time 2023/09/20

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

増加する発達障害の子たちの健康を守ろう。WHO/ユニセフ
  • 発達障害を持つ子どもたちが医療にアクセスしやすくなるためにはどんな支援が必要なのか?
  • なぜ発達障害を持つ子どもたちは社会的な排除や差別を経験しているのか?
  • 発達障害を持つ子どもたちの健康状態が他の子どもよりも悪いと言われる理由は何か?

発達障害を持つ子どもたちの健康上のニーズが無視されている問題に焦点を当てた新しい報告書が発表されました。

世界保健機関(WHO)と国際連合児童基金(UNICEF)が発表したこの報告書は、子どもと若者の発達障害が増えていることに注目し、彼らが医療にアクセスしやすくなり、健康の結果が向上し、貧困などの社会的な問題に対処するための急募の対策が必要であることを示しています。

この報告書によれば、2019年には3億1700万人以上の子どもと若者が発達障害によって健康に影響を受けました。多くの彼らは偏見や社会的な排除、差別を経験しています。
また、医療にアクセスする際に障壁を感じ、医療の質が低いと感じています。

UNICEFの健康部門副部長であるルウェイ・ピアゾン博士はこう述べています。

「誰も取り残さないというビジョンは、発達障害のある子どもと若者の願望とニーズを、世界中の子どもたちの健康と幸福を促進する活動の中心に置かなければ実現できません」

WHOのメンタルヘルスと薬物使用部門のディレクターであるデボラ・ケステルはこう述べています。

「健康の結果が悪化し、社会的排除があるなど、発達障害のある子どもと若者は大きな格差を経験しています。
普遍的な健康保障を強化し、包括的な育成環境を促進する広範な取り組みの中で、発達障害のある子どもと若者をサポートするための支援を強化することで、彼らが健康な生活を送るために必要なリソースとサービスにアクセスできるようにすることができます」

発達障害を持つ子どもと若者は、神経系の発達に影響を受けており、運動、認知、言語、行動、感覚の機能に関連する障害があります。
さまざまな障害と環境との相互作用により、これらの障害は子どもが社会で他の人と平等な基盤で完全かつ効果的な参加することを妨げることがあります。

発達障害に貢献する基本的な健康状態には、自閉症、知的発達障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)などが含まれます。これらの障害は、国際疾病分類第11版(ICD-11)にリストされています。
また、先天性疾患や出生時または幼児期に獲得した疾患(脳性麻痺など)も含まれます。

これまでの研究から、発達障害を持つ子どもたちは他の子どもよりも健康状態が悪く、早期死亡のリスクが高いとされています。
最も一般的な避けられる死因には、てんかん、窒息、呼吸器感染症、けがなどが含まれています。
また、成人期においても健康格差が続き、糖尿病、心臓病、肥満、呼吸器疾患、精神健康状態などの疾患のリスクが増えています。

発達障害を持つ人たちは、予算不足の医療システムによって適切な医療が提供されない場合があります。
彼らはしばしば未治療の健康問題を抱えており、遅れた診断や長い待ちリスト、ケアサービスの対象外になることが原因です。
さらに、情報の不足や偏見、発達障害の理解の限界が医療へのアクセスを妨げています。
身体的な障壁や態度的な障壁、適切なトレーニングの不足も、これらの子どもたちにとって公平でない医療をもたらしています。
発達障害を持つ子どもたちは入院中も、予防可能な害と医療の質の低下を経験しています。

この報告書では、発達障害を持つ子どもたちの健康、発達、幸福、参加を改善するために政策とシステムの変更を加速するための具体的な行動の枠組みを示しています。

1. 介護の強化と説明責任の仕組みの強化
2. 提案、リーダーシップ、政策、プログラム、モニタリングへの参加の促進
3. 健康、幸福、参加の社会的要因に対処する政策、プログラム、資金調達の促進
4. 差別を克服し、包括的な環境を育む
5. 医療の不平等を解消するための多部門的な政策立案の推進
6. 包括的で人間中心のエビデンスに基づくケアの提供
7. 介護者の情報提供、エンパワーメント、サポートの強化
8. データと研究の改善
9. 健康緊急時の準備と対応のための包括的な計画とプロトコルの開発

このグローバルな報告書は、個人、家族、コミュニティ、社会のレベルで包括的なケアと健康の平等を実現するための変更を加速する呼びかけです。
発達障害を持つ子どもと若者に対する反応性のある多部門的なケアシステムを構築するために大きな投資が必要であることを訴えています。

(出典:世界保健機関(WHO))(画像:Pixabay

発達障害、知的障害の子どもがさらに他の健康の問題もかかえていく。

そんなことが少しでも減るように、全世界での取り組みをお願い申し上げます。

自閉症やADHDの若者は早期死亡のリスクが高い。調査研究

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。