発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

23年で14の仕事。自閉症の男性が今は安心して働けるように

time 2023/11/03

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

23年で14の仕事。自閉症の男性が今は安心して働けるように
  • 自閉症である人が職場で困難を抱える理由は何だろうか?
  • 自閉症の雇用率を向上させるためには、企業がどのような支援を提供すべきだろうか?
  • 自閉症の人が長期雇用を続けるためには、企業がどのような取り組みをすべきだろうか?

ビル・マンチーニは勤務してから1年の日、勤続1周年記念日を迎えると期待よりも不安を感じていました。
それはビルが、仕事を1年間続けられることはまれなことだったからです。
昇給、そしてもしかしたら昇進もできるかという夢は、いつも他の気持ちに覆われました。

「いいや、むしろ自分は、あとどれだけここで働けるのか?」

ビルが仕事をすると、いつも期限があるようでした。
ある時点から、ビルはそれを分析していました。

「私はこれまでに、自分の多くの仕事がどのように始まり、どう終わったのかがわかりました。
また、いつ解雇されるのか、予測できるほどでした」

23年間で14の仕事をビルは経験しました。
1年以上続いた仕事は3つだけでした。

「いつも同じでした。
私が何かを言うと、それが誤解されたか、
誰かが言ったことを私が誤解したり、
上司に呼び出されて適応できていないと言われることがありました」

ビルは40代前半のときに自分が自閉症であることを知りました。

その診断と一生を通じての支援の不足は、ビルが何年も自問していた質問の答えでした。
それはなぜビルが仕事を続けるのが難しかったのか、友達を作ることが難しかったのか、そしてなぜ彼の多くの関係が破綻したのかを説明する答えでした。
何よりも、それはなぜ誰もがビルを理解しようとしなかったのかを説明しました。

しかし、ビルは答えを見つけても、安心することはありませんでした。
なぜなら、自分の何をどうを変えていけばいいのかわからなかったからです。

自閉症と診断されてから、ビルは神経多様な候補者を採用する企業への就職を支援する国際的な非営利団体「スペシャリスタン」に相談しました。

2016年以来、TDバンクグループ(TD)はアメリカとカナダでスペシャリスタンと協力して、神経多様な人たちを85人採用しています。
彼らの役割は、ソフトウェアエンジニアからリスクアナリストまでさまざまです。

スペシャリスタンを通じて採用された神経多様な人たちのほとんどは、銀行のテクノロジーチームでテクノロジー関連の役割を担当しています。
TDはまた、保険、ファイナンス、リスク管理などの部門にも神経多様な人たちを採用しています。

ビルは2021年にTDウェルスでビジネスアナリストとして採用されました。
クライアント向けに株式および株式オプションデータを抽出および提供する役割を担当しています。

スペシャリスタンは、自閉症の人たちの低い雇用率の改善に直接取り組んでいます。
2022年のデロイト社の報告によれば、アメリカでは自閉症の成人の85パーセントが失業中でした。

「伝統的な企業の採用プロセスは、自閉症の人たちにとって不利になるものです」

神経多様な人たちの採用に焦点を当てたTDのPlatforms and Technology People with Disabilities副委員会のメンバーであるダグ・ハリスは語ります。

「伝統的な面接方法が彼らを不利にし、入社を難しくすることがあります。
彼らは面接中に目をそらすことがありますが、それは無礼の意ではなく、彼らが言われたことに集中しているからです。
彼らの身振りや仕草は他の人とは異なることがあり、誤解されることがあります。
そして、採用担当者がそれを理解していないことがあります」

TDは、スペシャリスタンを通じて今年は20人の人を採用する予定です。
伝統的な採用プロセスを自閉症の候補者に合わせた包括的な評価に置き換えるために、TDはスペシャリスタンと連携しています。
彼らの希望や調整が採用担当者に開示され、面接ではなく候補者はスキルセットを評価する一連の演習を行います。
最後のステップでは、各候補者に一週間の役割を演じる機会を提供し、適応性を判断します。

「雇用主が採用プロセス中およびその後の調整を通じて競争を公平にすれば、自閉症の人たちは輝く可能性があります。
自閉症の社員は高い業績を受賞したり、昇進したり、素晴らしいことを成し遂げたりしています。
彼らが特別であると言っているわけではありません。
彼らは私たちと変わらないのです」

TDに入社するまで、ビルは人生の3分の2を失業または非常に効果的でない状態で過ごしていたと振り返ります。

仕事を見つけるのは難しいことでした。

ビルはいつも、これまでに多くの仕事を経験し、その間にしばしば数か月または数年の失業があるのか説明しなければなりませんでした。
ビルは面接官に、その期間は子どもの世話をしていたため失業していたと語っていました。
この答えは嘘ではありませんが、本当でもありませんでした。

「それは、すべてを説明する理由ではありませんでした。
私は精神的に落ち込み、やる気をなくした時期もありました。
同じことが繰り返されるのを恐れていました。
私はまた痛みを感じることを望みませんでした」

過去23年間で、ビルは14の仕事を経験しました。
11の仕事は1年未満です。

ほとんどの仕事について、雇用終了につながった社会的経験を憶えています。
例えば、プログラマーとしての初めての仕事での経験です。
ビルはアプリケーションを完成させたばかりの同僚に尋ねました。

「きちんと動くまでに、まだ何回修正しなければなりませんか?」

ビルにとっては、何も問題もないと考える質問でした。
プログラマーがアプリケーションを開発する際、ほとんどの場合、何度も問題を解決する必要があるからです。
しかし、同僚はこの質問を不快に思い、それがビルが上司に呼び出されるきっかけとなりました。

「私は自分に問題があるとは思っていませんでした。
私は、『彼は少し敏感なのかもしれないな』と思ったくらいでした」

それから約1か月後、ビルは転職活動を始めなければならなくなっていました。

自閉症と診断されると、ビルは雇用主に自分が自閉症であることを開示し、適応を求めることを決意しました。

「しかし、1週間で私は解雇されました」

それから、TDへの就職活動を行うまで、ビルは自閉症と診断されたことを伝えることはありませんでした。
これらの経験はビルに重荷となりました。
ビルの頭には一つの考えが浮かびました。

「自分に問題がある」

人々と過ごす時間が少なければ、人を怒らせるリスクは少なくなります。

ビルは配達ドライバーとしての仕事を始めました。
人間関係が必要なく、人を怒らせない仕事だと考えたからです。
しかし、最終的には同じ結末でした。
4年間働いた後、解雇されました。

アメリカのTDでシニアリクルーターを務めるロバート・オップは、自閉症の人を雇用すれば、それで終わりではないと言います。
ロバートは過去7ヶ月間、スペシャリスタンと一緒に取り組んでいます。
自閉症の人たちに働き続けてもらうまめにも、採用のときと変わらない努力が必要だと言います。
TDでは、2016年以降、スペシャリスタンを通じて雇用された社員の73パーセントが今でも働いています。
ロバートはこう言います。

「採用担当者のトレーニングがまず必要です。
彼らは従業員をサポートする方法を知る必要があります」

TDは採用担当者のトレーニングもスペシャリスタンと連携しています。

「私たちは、採用担当者に、自閉症の社員を受け入れる際に必要なリソースを提供し、彼らが成功するためのあらゆる機会を提供したいと考えています」

ビルは現在、TDで2回目の勤続1周年記念日を迎えようとしています。
ビルはやはり不安だと率直に認めます。

「うまくいかなかった、この30年の経験がなくなることはありません」

しかし、記念日について話すと、少し軽やかさがあります。
ビルはそれを希望だと言います。

TDは、ビルが自宅から仕事をすることを許可した最初の雇用主です。
コミュニケーションのギャップは日頃から小さいですが、発生した場合には、同僚やマネージャーは理解し、常に連絡を取り、明確さを提供してくれるとビルは言います。

ビルは、職業生活で初めて、将来のことを明るく考えることができるようになりました。

どこに住むか考えることができます。
家族との休暇を計画できます。
貯金できます。
TDでの今後の将来の仕事についても考えられるようになりました。

「TDで働く前は、キャリアを築くことができませんでした。
日々、月々が経過するにつれ、私は銀行に価値を提供できていることがわかります。
私には価値があると思っています」

勤続1周年記念日を、ビルは祝えるようになりました。

(出典・画像:米TD

胸が熱くなりました。

これからも、ますますご活躍ください。

発達障害でないように振る舞う訓練はしない。スペシャリスタン

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。