発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害に負けない。推薦されてミスコンに

time 2016/11/02

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

発達障害に負けない。推薦されてミスコンに
  • ミスコンテストにノミネートされた経験を通じて、自信や誇りを感じることができるのか?
  • 発達障害を持ちながらも、夢を追い続けることの意義は何か?
  • 周囲の期待や推薦に応えることで、自分に対する自己肯定感が高まる可能性はあるか?

髪型、お化粧、ドレス、女王にふさわしい姿です。
クリスティン・メジャーは、メリー・パーソンズ高校のミスコンテストに向けて準備をしました。
メジャーは小学校のころに発達障害と診断をされています。

今日は、「私は女王様になった気分です。」
メジャーが言います。
メジャーは髪型のセット、ネイル、化粧をサロンでしてもらいました。
メジャーはミスコンテンストにクラスメイトたちからノミネートされたのです。

「ここ数日の間に私の名前があがってきたんです。とてもうれしく、本当に驚きました。」
ここでメジャーの話しぶりがちょっと変わりました。
「私は小学校の時に発達障害と診断をされているんです。」
しかし、18歳の少女はここで止まったりはしませんでした。
「挑戦したいと本当に思いました。そして、看護師になる夢も実現させます。
昨年から私は看護コースで学んでいます。」
最初は本当にノミネートされたことに悩んだといいます。
「正直にいうと、どんな結果になるのか興味はありません。ただ、今、面白いと思えるのでやっています。」

しかし、もし優勝をしたら?
「私の家族の中で、はじめてノミネートされて優勝した人になります。」
髪型のセットや化粧のために、夜遅くまで準備をしました。
「神様、私を私にしてください。
少し見た目が変わっても、私をそのままにしてください。」
とメジャーはお願いしたそうです。

今夜、メリー・パーソンズ高校でのフットボールの試合会場で女王が選ばれます。
(出典・画像:米13WMAZ
チャンス。それもみんなに推されてのチャンスであれば、おじけずにチャレンジする姿をみるとうらやましく、そうありたいとも思います。
そうなったら、障害なんて関係ありません。

初めて決めて、みんなに祝福された彼もいます。
発達障害青年が忘れない初めてのタッチ

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。