発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の息子の母、サンタをぶん殴る。

time 2016/11/30

発達障害の息子の母、サンタをぶん殴る。

高齢のサンタ役ニックは、5歳のダイラン・テイラーがサンタの前で、とても落ち着きなく動き回ることの理由を知らなかったのでしょう。

ダイランが前に立った時、サンタのニックは彼にこう言ってしまったのです。

「ダイラン、君はよくない子だ! 悪い子どものリストに書いておかなければならないね。」

そばにいた28歳のダイランの母親はその言葉に激昂し、なんと、サンタを殴ってしまいました。

せっかく、ダイランは「見ず知らずの人」サンタがやってくることへの恐怖を克服したばかりの頃だったのに‥。

発達障害の息子の母、サンタをぶん殴る。 s1-3-1024x768

「サンタに悪意を持っていたわけではありません。しかし、やさしい言葉をかけるべきだったと思います。
そんな言葉は本当にいらないものでした。
息子は発達障害で、知覚障害もあります。
うるさかったり、人がたくさんいたりすると、我慢できなくなってしまうのです。
でも、サンタさんがくるのを楽しみにしていたんです。
私もいろいろな人に「あなたの子供はしつけが必要だ」と言われました。
息子から、発達障害をなくしたりはできないのに。

息子は馬鹿ではありません。心の中で本当にもがいているのです。
人と話そうとするときには、障害が必ずしも目に見えるものではないことをわかっておくべきです。」

発達障害の息子の母、サンタをぶん殴る。 s3-2-1024x768

(出典・画像:英The Sun

 

サンタさんをやっていた、おじいさんはその世代的にも、発達障害を知らないでしょう。

むしろ昔ながらのよかれと思った、悪気はない、おしおきの言葉だったのでしょう。

にもかかわらず、殴るなんて。口で言うにしても、少なくとも殴るのは許されません。

 

というのが、正しいのでしょう。

ですが、サンタのおじいさん、ごめんなさい。

 

お母さん、よく殴りました!やってくれました!そりゃそうです。

せっかく、サンタさんに会えるように子どもが頑張ってきたのに、そんなことを言われたら、

子どものことを考えたら、我慢ならないでしょう。

一枚目の写真を見ても、子どもたちは全く楽しそうには見えない表情です。

まあ、おじいさんも大怪我をしたこともないでしょうし。

 

「無知」による行為が元の事故で、子どもがなくなったりすることも起きています。

無知だからといって、許されることばかりではありません。そして我慢しないことが時には必要なこともあります。

 

理解をされずに非難された母親もいました。

動画を公開して残酷と言われた母親の真意

(チャーリー)

 

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。