発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子の卒業後の生活をサポート

time 2016/12/12

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の子の卒業後の生活をサポート

ギフトショップで、花を触っているときには、18歳のヤコブ・チャンバーの発達障害は消えたように見えます。
ヤコブはオーティズム・アベニュー・フラワー&ギフトショップにいます。
「お店の人は僕が立派になるのを手伝ってくれます。
僕の頭を良くしてくれます。」
お花、スカーフ、おもちゃ、子ども向けの本、ギフトなどを販売しながら、ここではインデペンデント・リビング・リソース・センターの人たちが発達障害の人の訓練に行っています。
学校で教師、発達障害児のコンサルタントを数年務めた後、コニー・エバートがこの取り組みを始めました。
「私は輝くような素晴らしい子どもたちが、谷間に落ちていってしまうのを見てきました。」
学校でよくやっていた子どもたちが、高校を卒業すると、サポートがなくなってしまう谷間に落ちていってしまうのです。
そのために、たくさんの親たちが仕事を辞めて、子どもたちが生活をしていけるように面倒を見ているとコニーが言います。

発達障害の人はお店のスタッフと一緒に働きます。
走って、何度もレジのところに行って、お客さんの対応をします。
ここまで来ると訓練の最終段階です。
これはお店で販売の仕事ができるようになるためだけのものではありません。
さらに進学をするのにも役立ちます。
最初のうちは、お店の人たちはもっと簡単なことを教えているといいます。
「僕は他の人よりも、ものごとをするのに時間がかかります。
僕はまわりとのやりとりが得意ではありません。
多くの人と一緒にいるとトラブルを起こしてしまったり、皮肉などを言われてもそれがわかりません。
発達障害がない人は、自転車に乗るように簡単にまわりの人とうまくやりますが、僕には考えることがたくさんありすぎて難しいのです。」
そうヤコブが言います。
ヤコブは、よい性格の謙虚な人だとコニーは言います。
ヤコブは学校ではバンドを組んでギターを弾いています。
「本当に、彼は輝いているんです。」
このお店で、週に数時間、ヤコブはお店のスタッフと一緒に行動します。
話したり、お客さん対応をしたり、在庫の管理の仕方やお店でのたくさんの仕事を習っていきます。
そしてついに、ヤコブはレジでの仕事をお願いされ、在庫の管理や他の仕事も。
お店の人たちは、実体験と協働することで彼を成長させようとしているのです。
発達障害のヤコブが語ります。
「お店の人たちは友だちです。
お店の人たちは、学校にいるカウンセラーや先生のようです。
ただ、先生よりもたくさん自分のことを話せます。
僕はもっとできるんだということを教えてくれました。
僕をもっと幸せな人にしてくれます。」

(出典・画像:米KANSAS
実際の場所で、実際の体験を一緒にして学ぶ。
本当に役立ちそうです。
卒業後にサポートがなくなる問題は深刻です。
こちらの方も自転車でそれを乗り越えることができるように支援活動をしています。
自転車の再生で発達障害者の就業機会を作る

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。