発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子の意思疎通に役立つレゴの療育

time 2017/01/11

発達障害の子の意思疎通に役立つレゴの療育

カレイズ・ジェーンはエンジニア、タイロン・ポーはサプライヤー、メガン・クルーは建築作業者。

はたから見ると、それは3人の子どもと大人がレゴで遊んでいるだけのように見えます。
しかし、そうではありません。

3人の子どもは、特別支援の先生で、レゴ療育をするケリー・リチャードソンと一緒にいるのです。
それぞれが役割をもって、共同してレゴで作っているのです。

ケリーは、9週間この子どもたちと一緒にレゴをを行ってきたことをうれしく思っています。

「最初は、むちゃくちゃでした。
しかし、ここ数週間で、子どもたちはコミュニケーションができるようになって、少し話し始めました。」

ケリーが言います。

「このレゴ療育の機会に学んだコミュニケーションのスキルは、学校の教室に戻ってもなくなりません。
このためにレゴ療育を行っているのです。

私がうれしくなるのは、レゴで組み上がったものを見ることではありません。
コミュニケーションができるようになって、作り上げていくのを見ることです。」
ケリーとのレゴ療育を行う前は、子どもたちはコミュケーションを行うこと、集中してものごとに取り組むことが困難でした。
それが今は、話をして、きちんと行っています。
「学校の教室に戻っても、ふだんの生活でも、ストレスが多くなるスーパーマーケットのようなところにいっても、我慢できるようになります。待ったり、何か欲しかったら伝えることができるようになります。」

レゴ療育で、コミュニケーションや、我慢すること、日常起きる問題への対応ができるようになると言います。

「私は特別支援教育について学んできました。そしてレゴ療育について特に取り組んでいます。
それは、本当に効果があったからです。」

発達障害の子の意思疎通に役立つレゴの療育 l1-1024x768

学校の教室で行ってみたのが始まりです。

「毎回、立派な工作をすることは無理です。
しかし、子どもたちは紙と鉛筆だけの授業を好みません。
そこで、いくつかのアイデアとあわせてレゴを使うことにしました。」

すぐに、学校の教室に入るとレゴの時間が待ちきれない生徒が現れて、この取り組みが成功したことがわかりました。

「これによって、素晴らしいクラスになりました。
発達障害の子に限らず、勉強をしたがらない、様々な障害の全ての子どもたちによいものでした。」

ケリーは、簡単なものではなかったと言います。
他の生徒とうまくできない、つらい時間を過ごしている生徒がいた頃もありました。
しかし、そういった子どもたちも、ついには自信を取り戻しました。

「とても大きな生徒がいます。」

その生徒は行動に重度の問題があり、ケリーを悩ませてきました。

「しかしレゴをみつけると、決められた場所に座って、私を見て、笑顔になっていっしょに遊びます。
それぞれの生徒にそれぞれの個性があります。

私が彼であったなら、どんなにつらいことでしょう。
話すことができないのです。
何かあっても、伝えることができないのです。
自分の世界を持つことができないのです。

しかし、ときどき私たちを見て、笑顔を見せてくれます。
笑顔には理由があるのです。
その笑顔は本当にすばらしいものです。
そして、その瞬間こそがコミュニケーションの始まりです。

しかし、大変でした。本当に大変でした。
彼のせいではありませんが、彼は一日中、自分が何をしているのかわかりませんでした。」

困難に直面する時期を経て、ケリーはレゴによる療育方法をつかみました。

「いつも生徒の立場になって考えるようにしています。
どう思うか?

そうして、たくさんの困難を通じて、どんな生徒なのか、どんな状況なのかがわかってきます。
ついにはみんなが素晴らしいものをもっていることが分かってきます。

あとは、生徒たちが楽しくいられるようにするだけです。

私は、生徒たちが自分で成し遂げたことを理解して欲しいと思います。
成し遂げた生徒たちを誇らしく思います。」

発達障害の子の意思疎通に役立つレゴの療育 l3-1024x768

(出典・画像:ニュージーランドsunmedia

ひとりでレゴブロックで遊ぶだけでも、想像をして組み立てることから、よいだろうとは思いました。

さらに、複数人で役割をもって、先生もついて行うことによりコミュニケーションの発達にも役立つわけですね。

(チャーリー)

発達障害の子の意思疎通に役立つレゴの療育 q?_encoding=UTF8&ASIN=B005M682XO&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=hobeccshop-22 発達障害の子の意思疎通に役立つレゴの療育 ir?t=hobeccshop-22&l=as2&o=9&a=B005M682XO

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。