発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

屋外で歌って遊ぶ療育が自閉症の症状を緩和

time 2017/02/19

屋外で歌って遊ぶ療育が自閉症の症状を緩和

新しい研究結果が発表されました。
屋外でいろいろ挑戦してみることが、自閉症の症状を緩和する効果があるということです。
アウトドア活動をした後には、自閉症の子どもたちの、まわりを認識することや、まわりとやりとりをする動機に良い影響が出たことを発見しました。

米国では68人に一人が発達障害の一つである自閉症です。
社会的なコミュニケーションに困難をかかえ、強いこだわりをもったり、反復動作を行うなどの特徴があります。
発達障害は、社会的に、感情的に、そして経済的にも、その子や家族にとっての問題となるものです。

今回の研究では、自閉症について早期の発見と適切な療育を行うことが、自閉症の子の認知能力や社会的なコミュニケーションスキルの改善をもたらすことを示しています。

特別支援教育を受けているイスラエルの51人の子どもが、イスラエル発達障害児協会に協力をして、この研究に参加しました。

3歳から7歳までの子どもたちは、同じ教育を受けていますが、
そのうちの30人が、屋外アドベンチャー・プログラム(OAP)を受けました。

OAPは13週間にわたって、それぞれ30分間、近くの公園で行われました。

屋外で歌って遊ぶ療育が自閉症の症状を緩和 g1-1024x768

それは、子どもたちが歌ってから始まります。

子どもたちは屋外にある、体を動かす遊具の中で、追いかけっこをします。

子どもは、助けを求めたり、見てほしくて、先生や他の子どもとコミュニケーションをとることになります。

OAPを受ける前、受けた後で、
子どもたちの認知能力や適応能力が、自閉症の症状の重さを判断するテストと、先生たちへのアンケートで評価されました。

「研究の結果、屋外でのアドベンチャー活動によって、自閉症の子の活動と社会的なコミュニケーション能力が向上することが示されました。」

とディザ・アンテビザカー教授が言います。

「これまでの療育に加えて、特別支援を行う幼稚園や学校では、コミュニケーションの授業に、このような楽しい活動を加えることをおすすめします。

子供たちは楽しい時間を過ごし、コミュニケーションスキルが向上します。」

ディザ教授によれば、今後の研究では、この屋外での活動が、どれほどの長い間効果をもたらすものかを調べて、
他の研究者たちも、ソーシャルコミュニケーションスキルを向上させる新しい治療法を探したくなるようにしたいといいます。

(出典:米GoodNewsNetwork)(画像:Pixabay)

日の光を浴びて外で遊ぶのは、難しい理屈抜きで、誰でも、頭にも体にも良いと思います。

発達障害の子が、遊べるように適切に対応をする先生がそばにいれば、なおさらですね。

子どもと一緒に外に行きましょう!

親の頭と体にも良いはずです。

海で楽しく活動している取り組みもあります。

発達障害の子どもたちと一緒にサーフィン

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。