発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子が飛行機に乗れるように見学会

time 2017/03/01

この記事は約 3 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
発達障害の子が飛行機に乗れるように見学会

親切であたたかな航空会社のスタッフたちが、発達障害の子を英マンチェスター空港でのVIP待遇をして、飛行機に乗る恐怖をなくしてくれました。
8歳のルーク・ジョーンズは飛行機に乗るのがとても怖くなってしまいました。
家族で旅行をしている最中でした。

しかし、英モナーク航空のスタッフや、他の乗客たちからの思いやりとサポートのおかげで、落ち着くことができ、飛行機に乗ることができました。

ルークの母親は、モナーク空港への感謝をネットに投稿すると、それは話題となりました。

モナーク航空のCEO、アンドリュー・スワフィールドはこれを知って、ルークと家族をマンチェスター空港で見学会に招待しました。
ルークと家族たちが、次に飛行機に乗る機会に向けての準備となるようにです。

その見学会の日、ルークと兄のデイビッドのためだけの空港での見学会が行われました。

ビジターパークを訪れ、カフェでランチをして、飛行機が離陸するところを観ました。
乗務員と一緒に、コンコルドも見学しました。

ルークとデイビッドは操縦席にも座りました。

発達障害の子が飛行機に乗れるように見学会 a1-1-1024x768

この航空会社は、英発達障害者協会からの発達障害フレンドリー賞を得るために、取り組みを行ってきました。

ルークの母親のローレンが言います。

「モナーク航空が英発達障害者協会と一緒になって、発達障害の人を理解し、親や介護する人のストレスも減らそうとしています。実際、発達障害について知って、共感することを示してくれています。

乗務員の方々のおかげで、あの時、私たちは飛行機に乗ることが出来て旅を続けることができました。

今回はこのような素晴らしい対応をしてくださって、モナーク航空とマンチェスター空港にはとても感謝をしています。
息子のルークも一生忘れることはないはずです。」

モナーク航空のサービス上級マネージャーのリアンヌ・スタントがこう言います。

「ローレンと素晴らしい家族のみなさんに、サービスが出来て感謝申し上げます。
とても素晴らしい家族で、私たちもとても素晴らしい時間を過ごすことができました。

家族の皆さんは、モナーク航空の飛行機や空港でのオペレーションを楽しんでくださいました。
マンチェスター空港のスタッフの方々の協力には、私たちも感謝をしています。」

発達障害の子が飛行機に乗れるように見学会 a3-1024x768

(出典・画像:英Manchester Evening News

素晴らしい経験になったと思います。

うちの子と一緒に飛行機で旅行するのは難しいと考えますが、

何時間も乗らない、飛ばない、そんな機会がもしあったら、乗せてあげたいです。

できるだけ、いろいろな経験をさせたいですよね。

飛行機に乗りやすくするサービスも行われています。

発達障害者家族に「空港特急手続き」始まる

(チャーリー)

 

school_tokubetsushien_casual

人気の記事



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ