発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

「忘れないで」発達障害の女の子からの手紙

time 2017/03/30

この記事は約 3 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
「忘れないで」発達障害の女の子からの手紙

8歳の女の子が手紙を書きました。
公園に新しい遊具ができたのに、それは障害をかかえる双子の兄のことを忘れていると。
そして、安全なブランコが今は設置されました。

ナオミとアイザック・グウィンは二人とも発達障害です。
脳腫瘍による視覚障害や重度の学習障害がアイザックにはあり、ふつうのブランコで遊ぶことはできません。

英スコットランドのサウス・ラナークシャー県に、最近新たな公園が出来ました。
その公園はこの家族の家の近くでした。ナオミは手紙を書きました。

「私は新しい公園が好きです。
どうか、障害のある人でも遊べるブランコにしてもらうことはできませんか?

私の双子の兄は、手を握ってもつことができません。
大きくなってからは、赤ちゃん用のブランコでは小さすぎて乗れません。

兄はブランコが好きです。なのに遊べなくて、私も悲しいのです。
兄のような人がいることを忘れてほしくないです。

兄が好きなブランコの絵も書きました。
よろしくお願いします。」

「忘れないで」発達障害の女の子からの手紙 t1-1

母親のミリアム・グウィンは、ナオミに「disabled(障害の)」のスペルをたずねられて、この手紙を書いていることを知りました。

ミリアムはTwitterにこれを投稿しました。

この手紙は国中に伝わり、ローカルニュースにもとりあげられました。
そして手紙を書いてから、たった6日後に新しいブランコが設置されました。

母親が言います。

「もう、私たちは大感激でした。興奮してその晩に見に行きました。」

ナオミに母親は新しいブランコを見た気持ちをたずねるとナオミは答えました。

「最高にうれしい。
一緒にブランコができる。本当に最高。
ブランコでアイザックの背中を私が押してもいい?」

母親は言います。

「子どもたち向けに考え、計画をする場合には、できるだけ周りの多くの人に参加してもらう必要があります。
大人は子どもに学ばせるだけでなく、子どもからも学びましょう。
ナオミから学ぶのです。
子どもたちや障害のある人の声に耳を傾けましょう。」

サウス・ラナークシャー県の設備、廃棄物、土地サービスの責任者も
「ナオミとアイザックが公園と遊具を楽しむことを願っています。」
とコメントしています。

「忘れないで」発達障害の女の子からの手紙 t3-2

(出典・画像:英Bury Times

女の子の優しい気持ち、そしてすぐに応えた行政。

すぐに応えることができたのは、納税者やその地域住民の理解を得られると判断できたからでしょう。

「保育園を増やしてほしい。」「うるさいので近くにできると困る。」

福祉作業所を新しく作るにあたっても、同様な問題が少なくないそうです。

いろいろな声があると思いますが、こういう優しい世界を見ると、ほっとします。

 

お兄さんを悪く言われた女の子も手紙を書きました。

教育の重要性を訴える6歳の子の手紙

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ