発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の人向けの圧力を調整できるベスト

time 2017/04/22

発達障害の人向けの圧力を調整できるベスト

米ミネソタ大学の研究者が、発達障害の人を助けるウェアラブル技術を開発しました。

米ミネソタ州発達障害協会の受付にはジリアン・ネルソンが座っています。

 

発達障害の人向けの圧力を調整できるベスト b8-1

「私が自閉症スペクトラムであることに気づかないかもししれません。」

その通りです。ジリアンが言わない限りそうかもしれません。

「私は、いつも体が燃えているような感覚があります。」

ジリアンはその感覚が高まってくると、パニックを起こしてしまいます。

そうなると、ジリアンは重さのある毛布にくるまります。
重さのあるベストを利用する人もいます。

発達障害の人向けの圧力を調整できるベスト b10 発達障害の人向けの圧力を調整できるベスト b6-1

新しいタイプのベストが、ジリアンや発達障害の人たちを助けるかもしれません。

米ミネソタ大学の研究者が、心を落ち着かせてくれるベストを開発しました。

「宇宙飛行士を火星に送るために開発された素材を利用しています。」

ミネソタ大学デザインカレッジのウェアラブル技術研究所のブラッド・ハルシュが語ります。

発達障害の人向けの圧力を調整できるベスト b5-1 発達障害の人向けの圧力を調整できるベスト b2-3

大学院生のジュリア・デュバルは、宇宙開発に使われるこの技術を見て、発達障害のおいが重い衣服を身に着けて苦労しているのに役立てないかと考えました。

デュバルはこう言います。

「大きな問題の1つは、そのような人たちは圧力をかけられていることが必要になっていることです。
重さのあるベストを着ていたり、服の下にきつい下着を着るのはそういうことなのです。
しかし、ずっとそうしているわけにはいきません。」

どうすれば、この問題を解決することができるでしょうか。

そこで、ミネソタ大学の研究者たちは、圧力をかけることができ、それもアプリによって調整することができる初めてのベストを開発しました。

発達障害の人向けの圧力を調整できるベスト b9 発達障害の人向けの圧力を調整できるベスト b4-1

「これらは反応する素材で出来ています。背中の部分にはバッテリーとコントローラがついています。
スマホのアプリでボタンを押すと、ベストがきつくなり圧力がかかります。」

受付で働くジリアンには大きな夢があります。

「発達障害に対する世界の人たちの認識を変えたいのです。」

いつか、この技術がジリアンのような発達障害の人たちを助けるようになるはずです。

(出典・画像:米KARE11

抱きしめられたときの心地よさ。

それを超えて、なくてはならない、ないと安心できない、必要なものであるのでしょう。

うちの子どもも毛布ではありませんが、ぬいぐるみやクッションをいつも手にしています。

ピチピチな服はよい。という別の研究もありました。

ピチピチ服が発達障害児の常同行動を減らす

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。