発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の息子への機転のきいた対応に感謝

time 2017/06/04

発達障害の息子への機転のきいた対応に感謝

エバンス・オドワイアーは、重度の発達障害です。
話すこともできません。知覚過敏の問題もあります。

「触れられたり、人が近くにいるのを嫌います。
眠っている間に、ひげを剃り、歯磨きをし、爪も切ったりしなければなりません。」

そう母親のディードルは言います。

エバンスは、ドンチャ・オコネルの理髪店で散髪をします。
エバンスは何年もここに通っています。
エバンスの兄が、21年前にここで髪を切るようになってからです。

「理髪店のドンチャは、息子たちととても仲良くなってくれたんです。」

ドンチャは、エバンスのことをよく知ってくれています。
難しいエバンスの散髪もうまくしてくれます。

しかし、ある日、エバンスはひどい時間を過ごして、強いストレスで激しく動揺したまま、ここに来ました。

「息子のエバンスは最初、椅子に座っていたのですが、髪を切り始めると、椅子から立ち上がってしまいました。
兄のディランが、椅子に連れ戻しても、すぐに立ち上がってしまいました。

エバンスの様子がさらに激しいものになってきたので、パニックにならないようにしなければなりませんでした。
そんな時の方法は、車に乗せることです。」

車の中はエバンスにとっては、幸せを感じることが出来る場所です。
一番落ち着くことができます。

そのために、ストレスを感じている時には、母親は車の中に連れて行くのです。

ドンチャは、お店の中で髪を切ることを止めました。

そしてドンチャは、エバンスが一番落ち着くことができる車の中で、髪を切ることを提案しました。

エバンス、ドンチャ、エバンスの兄は車に乗りました。
そして、エバンスの髪を切り始めました。

うまく髪を切ることができました。

発達障害の息子への機転のきいた対応に感謝 h1 発達障害の息子への機転のきいた対応に感謝 h3

 

母親のディードルはこの時の写真をFacebookに投稿しました。
たくさんのコメントがつきました。
発達障害の子の親からのものもあります。

「すばらしい、理髪店の人がいます。
発達障害について理解してくれていて、髪の長さもちょうどよくしてくれます。
本当に素晴らしいです。」

ドンチャは、これまで14年もの間の髪を切ってきましたが、
お店の椅子ではないところで、髪を切ったのは初めてことでした。
車の中ででしたが、大成功でした。

(出典・画像:英METRO

こんな、臨機応変の柔軟な対応をしてくださったのも、何年も通っているからできた信頼関係があるからだと思います。

理解してくれる方とよい関係が築けたら、感謝を忘れずに続けていきたいものですね。

うちの子どもの場合は、散髪はかみさんがします。

なかなか上手いですし、何より外で苦労しなくてよいので本当に助かり、感謝しています。

 

ここまでしてくれる理髪店もあります。

発達障害の子どもをこころよく迎える理髪店

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。