発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害少年の誕生日にモンスター車が集う

time 2017/06/14

発達障害少年の誕生日にモンスター車が集う

少年は父親の肩に座って、黒、青、赤、グレー、白に輝いている車を見ています。

車高を高くしたピックアップのトラックやジープなど17台が、家の近くに停まっています。

少年、テディ・デゴリアはうれしくて叫んでいました。

この日は、テディの5歳の誕生日です。テディは驚きました。
発達障害があり、モンスタートラックが大好きなテディのためのショーです。

父親のテッドが、テディを地面に降ろすと、母親のニコールも一緒になって、たくさんの車へ向かいます。
友だちも声を出して、応援してくれています。

「夢のような出来事です。
息子も、すぐには理解ができないような状況です。」

そう母親のニコールは言います。
この夢のような出来事は、SNSのおかげで実現しました。

2週間前に、ニコールはモンスタートラックや車高を上げた車について知っている人を探すためにFacebookに投稿しました。

それを見た友だちのリベックは、自分のいとこが車高を上げた車のクラブ、ゴー・ビッグ・オフロードのメンバーであることを知っていました。
リベックは、いとこのサム・ルイスに相談すると、ルイスたちは準備を始めました。
ゴー・ビッグ・オフロードはFacebookでイベントを行うことを伝えると話題となりました。

17台の車が、テディの誕生日に集まることが決まりました。
そうして、この誕生日に集まったのです。

発達障害少年の誕生日にモンスター車が集う t1

ルイスは多くの人たちの前で語りました。

「テディ少年は驚き喜んでいました。
笑顔になってくれていました。」

テディは話すことはほとんどできません。
テディはたくさんの車を見て、腕を上げて回しています。

テディと父親のテッドはトラックに近づいて、タイヤやバンパーに触りました。
停まった1台の車に貼られているエンブレムをテッドに読んで欲しいと頼むと、
「にー、ごー、ぜろ、ぜろ」とテディは答えてくれました。

母親のニコルは、息子のテディは大好きなものについては熱心に話そうとしていると言います。

「息子は、完璧な記憶力を持っています。車の名前はすべて覚えています。」

テディは、約1年前にテレビでモンスタートラックを見て、とりこになってしまいました。
それまでも、おもちゃや車輪などが好きでしたが、これは別次元で大好きになりました。

テディは、ニコルと一緒に座って、道を走るトラックを見るのが楽しみになりました。
テディには安全に対する意識がないので、いつも見守る必要はあります。

この誕生日は、テディの興奮度合いが少し心配でした。

発達障害少年の誕生日にモンスター車が集う t3

「孫のテディにとって、信じられないほどうれしい出来事です。
知らない人たちが、ここに来てくれて、愛を分かち合って祝福してくれています。」

そう、祖父のフランシスも言います。

トラックに乗っているアレック・ダンケルは、家族の友だちの息子が発達障害です。
そのため、喜んで1994年式のドッジ・ラムでやってきました。

「子どもたちにむけて、こういう集まりを前もっていくつか作っておくといいですね。」

ダンケルのトラックのドアを開けて、テディが乗り込んできました。

「16歳になったら、こんなトラックが欲しい?」

母親のニコルがたずねると、テディは「うん!」と答えました。

(出典・画像:米THE BUFFALO NEWS

これは私も見たいです。

うちの子どもも車に乗るのは大好きです。

私も大好きです。家族みんなで、もっともっといろんなところに行きたいと思います。

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。