発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子の介助を手伝ってくれるインコ

time 2017/06/29

この記事は約 2 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
発達障害の子の介助を手伝ってくれるインコ

マリー・ラコンテは、鳥が10代の息子のヤコブ・マッキントッシュを変えたのを見てきました。

2年前にサムという名前のベニコンゴウインコを買いました。

発達障害であり、統合失調症の疑いもあると診断された16歳の息子に、このインコが影響を与えたことに母親のマリーは驚いています。

「息子は人と話すことは一度もありませんでした。
しかし、サムが来てからはコミュニケーションを取ろうとし、人の顔を見ることができるようになりました。」

発達障害の子の介助を手伝ってくれるインコ i4

インコを売ったサラ・ウォルターは、インコのサムは、ヤコブを助ける動物だと語ります。

「ヤコブはインコと美しい関係を気づいています。本当の仲間といっていいでしょう。
ヤコブはインコの世話をよくしています。
私のところに来るたびに、ヤコブはたくさんの質問をしてきます。」

ヤコブが質問をすることは、インコが来る前には、ほとんどできなかったことです。

もうヤコブは、インコについての知識を、苦労しないで得ることができています。

「ベニコンゴウインコは、野生では絶命の危機にひんしていて、捕獲することはできません。
飼育されているものは、野生のものよりも長く生きます。
発達障害の子ともうまくやっていける、いつも同じように安定したポジティブな関係を築くことができます。」

発達障害の子の介助を手伝ってくれるインコ i1

母親のマリーによると、息子のヤコブが薬を飲み忘れた時には、インコのサムが教えてくれるといいます。

「息子を担当している精神科の医師が、インコのサムのことを医療的にも必要な存在といっているのは、
インコがこのようなことをしてくれるからです。
サムは、気持ちを安らげてくれる代わりに、本当にサービスをしてくれるのです。」

マリーは、政府に公式に鳥が介助を助けてくれる動物と認定されることを期待しています。

「多くの人にとってインコを飼うには、助成が必要になるからです。」

そして、たくさんの発達障害の子どもたちが、良い方向に向かうのを願っています。

発達障害の子の介助を手伝ってくれるインコ i2

(出典・画像:米abc10

とにかく動物は発達障害の子どもによい影響を与えてくれる。そういう印象を持ちます。

大きいのでオウムだと思ったのですが、インコだそうです。

同じオウム目であるものの、学術的にはオウム科とインコ科と別種の鳥で外見的特徴だけで分類されているわけではないそうです。

そして、飼育されるベニコンゴウインコの平均的な寿命は50年〜60年。100年以上生きることもあるそうです。

おしゃべりも上手で賢く、これだけ長い間つきあえるなら、なんと頼もしいパートナーでしょう。

 

犬と一緒に登校する発達障害の中学生

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ